あの日から数年。

Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)
これは妄想であり、空想であり、絵空事です。

一日目

さっちゃんはね、幸とかーいてみゆきだよ。
だけど、こんな形で女になったから
名前通りに幸せにはなーれないよ。
妊娠しようね。さっちゃん♪

「ぃゃー気持ち悪い」

14歳にしては、巨乳なおっぱいを舐め回しながら
誰も、本人さえも触れたことのないような秘部を撫でる。

「やだー。汚い」

何に対してだろう。
デロデロにテカっている、その未発達な
入り口に宛がわれているものの事だろうか。

「痛い。痛いよ。抜いて。」

さっちゃんは涙を流しながら懇願する。

ぅぅ…。ドクドクドクドク。

自分の欲望を全てさらけ出したそのものは
溢れるピンク色の精液を垂れ流しながら
女としての喜びに、歓喜しているように見えた。
ただ、その持ち主は余りに幼く
これから綴られる観察日記の事など、知るよしもなかった。

三日目

ドクドクドクドク。

「また、中に出したぁ。」

パンパンパンパン。

三日目ともなると、慣れてくるのか
深々と突き刺しても、痛がる様子はなく抜かずの2回を

ドクドクドクドクっと、その幼い膣の
奥深くにまで届くように解き放った。

十日目

そろそろかな。
俺はさっちゃんに計画の全てを語った。

「ぃゃゃゃゃぁぁぁ…。」
「お金じゃないんですか?」

臨月までの観察日記パート5

これが、さっちゃんの地獄の始まりだった。

二週間後

騎乗位で腰を振るさっちゃんに、妊娠検査薬を見せる。
きゅっと、奥が締まり思わず出してしまう。

ドクドクドクドク、やっと妊娠したね。

半年後…。

「ぃゃぁぁぁぁ」

…別の部屋で悲鳴が聞こえる。
あれからどのくらい時間は経過したのかな。
私、ママになっちゃった。
ママ…もぅ会えないの。

「お願いだからやめてください。」

ものすごい顔をしながら、懇願するゆいちゃん。
俺にあんな話を聞かれなければ、狙われずに済んだのにね。

「18で処女とか、ないわぁ。」

そのグラマーな体型を見せつけながら、君は俺に(♀友達に)語ったじゃないか。
などと、回想しながら熟した秘部に宛がう。

「ぃゃぁぁぁぁ」

「いだぃぃぃぃ」

一気に貫いた為か、失神するゆいちゃん。
その巨乳にむしゃぶりつき、ゆっくりと動く。

「ぁ…ぁ…。」

さっちゃんと違い、すぐに馴染んできたので一段と深く交わる。

「ぃゃ、やめて。」

か細い声が聞こえる。

君は、俺の子を孕むんだ。

「中に出すぞ。」

さっちゃんと違い、言葉の意味を即座に理解する。

「それだけは…外に、ぁぁ。」

ドクドクドクドク。ドピュドピュ。

「ぁぁ、中に…中に出てる。」

パンパンパンパン。
ドピュドピュドピュドピュ。

さっちゃんと違い、その場で告げる。

「臨月までの観察日記…?6?」

精液を溢れさせながらも、バックから突かれる
ゆいちゃんからは、精気が感じられない。

八ヶ月後

少し早い気もするが、15歳になったみゆきはこの辺りで解放だな。
大きなお腹となったみゆきの誕生日に、解放する事にした。

…お腹が痛い。目の前には両親が。
私はこれから、出産するらしい。
あの時の、お姉さんはどうなったかなぁ。

十四ヶ月後

そろそろ、臨月だね。
ゆいちゃんに語りかける。
が、反応は鈍い。

母乳を舐めながら、中で果てても
「ぃゃぁぁ」
としか言わなくなったゆいちゃん。

君は、もう19歳だ。
俺が、取り上げてあげるよ。

「おぎゃぁ、おぎゃぁ。」

処置をして、施設へと届ける。

十六カ月後

さて、次を仕込もうか。

「ぃゃぁぁ。」

…臨月までの観察日記6、5。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">