スクール水着にある可愛い桃

Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)
 私は某スポーツセンターでマッサージ師をしております。
その為か?結構筋肉質で自分で言うのも変ですが、同業の☆☆人っぽい陰気な感じは無く、少々爽やかなルックスな為、中年主婦から女子小学生まで人気があります。

俺がこの仕事を始めたのは、様々な女の身体を触れて、人妻を口説きやすいからと、内に秘めたロリコン癖の発散場所になるところです。水泳教室に通う少女の水着姿をいつもモッコリと見ております。

ある日、良く遊びに来る小学校6年生の瞳がくりっとした(日本テ☆ビの魚☆アナ似)少女が私に相談事があるとやってきました。

彼女は小学4年生からいつも遊びに来ては、バレンタインデーにチョコをくれるとてもスタイル、そして脚線美のいい、可愛い少女でした。

5年生の3学期頃から急激に胸の発育が良くなり(ちなみに小6現在Cカップです)それだけではなく、プリンとしたヒップから色白で細く引き締まった脚線美がたまらなく良いので、俺の心の中のロリコン処理道具となりました。
その頃から私は、デジカメでツーショットの写真を撮っては夜の処理に役立てておりました。(少女だけ胸の膨らみが分かるよう、必ず斜め横から撮りました)

その彼女の悩み、それはなんと「彼がエッチを迫るので困る」との内容でした。
俺は興奮を隠し、密かに「ここじゃ話しにくいことだから、先生が特別に日曜日休んで人のいない所で聴いてあげるよ」と話を持ち掛けました。彼女は笑顔でOK、当然秘密に会う約束もしました。

俺は日曜日のために、大事な息子に4日間も禁欲をさせ、待ち合わせの11時に期待を膨らませて駅前へ行き・・・。
彼女は先に待っておりました!。少女の姿は、天使の輪(古いですかね)が奇麗に見える位の黒髪のロングヘアー、そして薄化粧をしているため、今は無き?純粋で可憐な石鹸の香りがしそうな高校生に変身しておりました。

俺は人影の少ない路地に車を止め、彼女を車へと案内し、エスコートしながら乗せました。
それからは緊張感をなくすために、どうでもいい芸能ネタを話したりしながら、30分ほど人影の少ない道路をドライブしました。
それからは彼女を喜ばせるために、化粧をほめたり、少女が喜ぶセリフを色々話し、
ちょっぴり大人扱いもしてやりました。

そして、車で部屋前まで入れるボロいラブホテルへ車を直行させ・・・。

このボロホテル、従業員と顔を合わせる機会が無いので、少女と遊ぶときにもってこいの場所なのです。

彼女は始め、驚き困った顔をしました。
俺は安心させるため、「車をどこかで止めて話すと、警察とかが来たとき色々マズイんだよ」とか分け分からん理由で説得させ、なんとか部屋へ連れてゆきました。

当然まだ緊張状態。でも内心その姿がとても可愛く、いまから食べられることも知らないのだろうな・・・と俺は心の中で楽しみました。

とりあえず彼女を安心させるために「ラブホテルって興味あったでしょ?どう」などと、いつもスポーツセンターで交わす会話のトーンで話しかけながら、
ベッド前にある椅子に座り、彼女に「彼はいつ頃から迫ってきたの?」と話し、椅子に座らせました。

それからは少し相談話をし、リラックスし始めた頃を見計らって、さりがなく彼女の右手薬指を触りました。
俺はストレートに「あっ、オナニーしてるね」と
彼女「してないです?も?えっちなんだから」
俺「右手薬指の筋肉だけが発達してるから、仕事上分かるんだよ」
(これはでたらめですが、これで大半の少女は白状します。いまどきの子は、9割以上小学生でオナニー経験済みです。
見分け方は、たとえば、丸太型の椅子にまたいでこすったまま移動することをする少女は、100%オナしてます。
実は、うちのスポーツセンター内の当店近くにそんな丸太椅子があるので、それで犯す少女をいつも判別しては心の中で楽しんでおります)

俺は左腕で彼女を抱きしめ、スカートの中に右手を入れ、濡れきっている下着をやさしく、時には激しく
「すごい濡れてるよ、エッチだね」とも囁きながら胸なども愛撫してやりました。
当然始めは強く抵抗しましたが、気持ち良い為か力が次第に抜け、俺は生意気なブラをはずし、
彼女の結構大きめな(Cカップ)プリンとした ルパ☆☆世の峰☆☆子風 な上向き乳房を揉み、サーモンピンク色の可愛い小さな乳首を力強く吸いました。

俺はそなままベッドに押し倒し、服をすべて脱がせ・・・。
俺は興奮が抑えられなく、すぐに少女のマ@コに顔をうずめました。そのときです!陰毛が無いことはもちろんですが、それよりも、ほのかな石鹸の香りが裸体から匂い、
少女は朝風呂に入ってから来たことに気付いたことに感動しました。

私はますます少女が可愛くなってきまして、思いっきり彼女の処女愛液を飲みまくりました。とにかく少女のマ@コはション弁くさいのしか味わったことが無いので、無臭の色白肌にある小さなサーモンピンク処女は感動モノでしたよ。
当然、舌を上下左右に動かし、クリ付近を円を描く感じでやさしく女の喜びを教えてやりました。

そして、「アッアッハァ?」と、無理した美少女アニメきゃら声優とは全く違う、甲高い可憐なあえぎ声を出し、
俺は大興奮のあまり息子からヨダレが垂れてきたので、思いっきり挿入しました!
始めは亀頭だけでしたが、そのあと思いっきり突き入れました!
彼女「いた???いっいた??い」
俺は「大丈夫だから」とこれまたわけの分からん言葉を掛けながら、小さなピンク色のマ@コに息子を激しくもてあそばせ、たったの2分で中で果てました。

その後すぐに処女膜の血を拭きとり、再びクリトリスをもてあそびました。彼女が再び感じ始め、俺の息子もビンビンになったとき2回戦をはじめた!
彼女「いたいよ?先生やめて?」
俺「先生は好きだったんだ、さっきより痛くないだろ、だんだん気持ちよくなるから」
と今度はスピードを落としてインサートし、数分後、段々と彼女は「あっあっ」と喘ぎ、女へと変わり始めました。
俺は一旦挿入をやめ、クリトリス、乳房、耳たぶ・・・いろいろな部分を愛撫し、強く抱きしめてキスをしました。
それからまた激しくインサート!中で思いっきり果てたのは言うまでもありません。
可憐な少女はぐったりしていたので、おれはそんなかわいらしさに感動を覚え、やさしく抱きしめてやりました。

現在でも少女との関係は続いております。冬休みは、私のアパートで調教三昧です。
色白でプニプニした肌、弾力があり柔らかく形の良い乳房、日に日に成長している脚線美・・・。
ルックスが目鼻がはっきりしているので、可愛くてたまりません!。そのためか、フェラはまださせておりません
多分、少女遊びは彼女が最後だと思えます。それだけの満足する女なんですよ・・・。ではまた。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">