従姉妹の家庭教師をしたら憧れの爆乳叔母さんとも4

Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)
従姉妹のほのかちゃんの家庭教師を引き受けて、ほのかちゃんとエッチすることが出来ました。その上、昔から憧れていた叔母さんともエッチをする仲になり、僕の夏休みは最高のモノになっていました。

そして今日も、ほのかちゃんがいない隙に、叔母さんと濃厚なエッチをしていました。
『イケないのぉ! イッたフリしてるだけなのぉっ! いつも終わった後に、オナニーしてるのぉっ! あぁぁっ! あっくん、イクっ! イッちゃうっ! イクっ! イィクぅっ!!』
僕にバックではめられながら、背中をのけ反らせて叔父さんにひどいことを言う千里さん。すると、いきなりドアが開きました。

『ママッ! ズルイっ! お兄ちゃんは私の彼氏なんだよ!!』
と、かなり怒った様子のほのかちゃんが、ランドセルを背負ったまま叫びました……。

叔母さんは、僕にバックではめられている状況なのに、
『あら、もう帰ってきたの? いま良いところなのにw』
と、ほのかちゃんに言いました。とても母娘の会話ではないと思いましたが、僕は何も言えずに固まるだけでした。

『早く代わってよぉ! ママのエッチ!!』
ほのかちゃんは、頬を膨らませて怒っています。
『はいはいw でも、もうエッチしちゃったの?』
叔母さんは僕から身体を離してペニスを抜くと、ベッドに座ってほのかちゃんにそう聞きました。

『そうだよ! お兄ちゃんと結婚するんだもん!』
ほのかちゃんは、勢い込んで言いました。
『そうなの? 結婚するの?』
叔母さんは、僕に質問をしました。僕は、微笑を浮かべる叔母さんと、熱っぽい目で僕を見つめるほのかちゃんに押されるように、
「結婚します!」
と、宣言しました。
『そう、おめでとうw でも、避妊はちゃんとするのよ』
叔母さんは、やっと母親らしい? 事を言った気がしました。

「はい! ちゃんとしてます!」
僕は慌てて答えながらも、変な感じでした。まだ5年生のほのかちゃんとエッチをしてしまい、それが母親にバレてしまった……。それなのに、こんな会話をしている僕。普通なら、激怒されても仕方ないと思います。

『ママはしてないじゃん! そんなのズルイよ! ほのかだって、お兄ちゃんに出してもらいたいよぉ!』
ほのかちゃんは、すねたように言いました。

『ダメよ。だって、この前初潮来たでしょ? 赤ちゃん出来ちゃうわよ』
叔母さんは、言い聞かせるように言います。
『ママは? 出来ちゃうんじゃないの?』
無邪気に聞くほのかちゃん。
『ママはピル飲んでるから平気よ』
『だったら、ほのかも飲む!』
ほのかちゃんは、真剣でした。

『子供はダメよ。もう少し大きくなってからね』
『だったら、出来ても良いから出してもらう!』
ほのかちゃんは聞き分けがない事を言います。でも、叔母さんは僕の想像とは違うことを言いました。

『仕方ないわねぇ……。基礎体温つけて、大丈夫な日に出してもらいなさい』
『本当に!? やったね!』
無邪気にはしゃぐほのかちゃん。娘に、中出しのために基礎体温のことを言い出す叔母さんは、ひどくズレている気がしました。

『確かに、中に出してもらわないと本当のエッチとは言えないものねw』
『ママ、中に出してもらったの? 白いの出てるよ』
『あら? あっくんがいっぱい出すからあふれて来ちゃったわねw』
『ズルイ! お兄ちゃんもお兄ちゃんだよ! 何で私と付き合ってるのに、ママとエッチするの!?』
ランドセルを背負ったまま怒るほのかちゃん。僕は、タジタジになって謝りました。

『じゃあ、私がしてあげる!』
ほのかちゃんは、ベッドにあぐらをかいている僕のところに乗ってくると、さっきまで叔母さんの中に入っていたペニスをくわえ始めました。
「ダ、ダメだって! ママいるじゃん!」
僕は、さすがに慌てて言いました。
『ママだってしたんだから、いいの!』
ほのかちゃんはそう言って、フェラチオを続けます。ランドセルを背負ったままの彼女がこんな事をしてくれるのは、背徳感が凄かったです。

『あらあら、もうそんな事までしてるの? さすがは私の娘ねw』
叔母さんはそう言うと、僕の乳首を舐め始めました。ほのかちゃんはそれを見て、
『ダメ! ママはしちゃダメだよぉ!』
と、言います。
『ちょっとぐらいいいでしょ? 減るもんじゃないしw それより、それ降ろしたら?』
叔母さんは悪びれずにそう言うと、ほのかちゃんのランドセルの事を指摘しました。
『うん。お兄ちゃん、ちょっと待っててね!』
元気いっぱいに言うほのかちゃん。ベッドを降りると、背負ったままのランドセルを降ろしました。そして、服も脱いでいくほのかちゃん。あっという間にショーツ一枚になりました。

ほのかちゃんが、ランジェリーと言うよりはパンツという感じの、色気もなにもないショーツ姿になるのと同時に、叔母さんが僕のモノをくわえ始めました。
『あっ! ダメぇっ! 私がするの!』
ほのかちゃんは慌てて僕のモノを舐めようとしました。そして、叔母さんとほのかちゃんのWフェラが始まりました。僕のペニスに、母娘の二つの舌が這い回ります。

初めはお互いにお互いが邪魔になってぎこちない動きだったのが、ほのかちゃんが亀頭を舐めると叔母さんは竿やタマの方を舐めたり、上手く連携が取れてきました。普通にフェラチオされるだけでも気持ち良すぎるのに、こんな風にダブルで責められると、声が漏れてしまうほどでした。

こうやって二人を眺めていると、本当によく似ていると思いました。森高千里によく似た叔母さんと、その叔母さんにそっくりなほのかちゃん。その二人が一生懸命に僕のモノを口でしてくれるのは、夢の中にいるようでした。

『ほのかちゃん、ココをこうやってごらん』
叔母さんが、僕の亀頭のカリのところを舐めながら言います。
『こう?』
ほのかちゃんが、言われた通りにします。
『そうよ。もっと、押しつけるように、引っかける感じで』
『わかった!』
ほのかちゃんは、叔母さんのレクチャーでどんどんフェラチオが上手くなっていきます。

こんな少女が、どんどんフェラチオが上達していく……。しかも、母親の手ほどきで……。あまりにも背徳的な感じでした。

すると、叔母さんが僕にキスをしてきました。ほのかちゃんはそれに気がつかないようで、夢中で僕の亀頭を舌で舐めています。叔母さんは、荒い息づかいで僕の口の中をかき混ぜながら、指で乳首まで触ってくれます。

『お兄ちゃんの、カチカチになってきた♡ あっ! キスしちゃダメだよぉ!』
ほのかちゃんはそんな事を言いながら、慌てて僕にキスをしてきました。僕の口に、二人の舌が飛び込んできます。当然、ほのかちゃんと叔母さんの舌も触れてしまっています。
そんな風に、三人でのキスが始まりました。二人の舌が僕の舌に巻き付いてくるのにも興奮しましたが、ほのかちゃんと叔母さんがキスをしているような感じになっているのに異常に興奮しました。母娘の性的なキスなんて、普通は見られるものではないと思います。

『ほのかちゃん、キスはこうやるのよ』
叔母さんはそう言うと、ほのかちゃんにディープキスを始めました。さすがに驚いた顔のほのかちゃんでしたが、叔母さんに口の中をかき混ぜられて、少女がしてはいけないような淫蕩な顔になりました。

『ぷはぁ……。ママのキス、すっごいね! やってみる!』
ほのかちゃんはそう言うと、僕にディープキスをしてきました。叔母さんに教えられたように、歯ぐきや上顎まで舐めつくすような濃厚なキスをします。叔母さんの舌と違って、小さくて薄い感じの舌が口の中で暴れ回ると、本当にイケないことをしている感覚になります。

僕も、思わずほのかちゃんに舌を絡めていきました。ほのかちゃんの息づかいがどんどん荒くなっていき、興奮しているのが伝わってきます。すると、叔母さんが僕のモノをくわえてくれました。すでにイク寸前だったのに、叔母さんの巧みなフェラでもう限界でした。

『ダ、ダメ! 出る! イクっ!』
僕がうめくように言うと、ほのかちゃんが僕を抱きしめてさらに濃厚なキスをしてきました。僕はほのかちゃんとキスをしたまま、叔母さんの口の中にぶちまけてしまいました。

こんな風にキスをしたまま射精をするのが、こんなにも気持ちが良いなんて想像もしていませんでした。

『飲んじゃダメだよ! ほのかのだもん!』
ほのかちゃんは、痺れたように動けない僕から口を離すと、叔母さんにそう叫んでキスをしました。
そして、ほのかちゃんは叔母さんの口の中の僕のモノを吸い取るようにキスをし始めました。

叔母さんも、ほのかちゃんの口の中に流し込むようにしているのがわかります。そしてほのかちゃんは、僕のモノを飲み干していきます。

『どう? 美味しいの?』
叔母さんは、ほのかちゃんに優しい口調で聞きます。
『ちょっと苦いw ママ、もっとエッチの仕方、教えてくれる?』
ほのかちゃんは、少し照れくさそうに言いました。

『良いわよw じゃあ、見ててごらん』
叔母さんはそう言うと、僕をベッドに寝かせます。そして、イッたばかりでもガッチガチの僕のモノを掴むと、そのまま騎乗位で繋がりました。
『うわぁ、全部入っちゃった……いいなぁ……』
ほのかちゃんは羨ましそうに言います。ほのかちゃんは、この前僕と初体験をしたとき、痛すぎて最後まで入れることが出来ませんでした。それに、もし入れることが出来たとしても、まだ未成熟な膣では、全部入る前に奥に当ってしまいそうでした。

『でも、私でも奥に当ってるわよ♡ すっごく押し込まれてるの♡』
叔母さんは、とても娘に見せていい顔ではないような、トロンとした顔で言います。
そして、叔母さんは待ちきれないように腰を振り始めました。叔母さんは、和式便所でするような、しゃがむような格好で上下に腰を振ります。ペタンと腰を降ろされるよりも、このしゃがんだような格好だと、膣が痛いくらいに締まるのがわかります。

『最初から奥まで入れたらダメよw ほのかちゃんのまだ小さいから、壊れちゃうわよw こうやって、ゆっくり上下に……ね?』
叔母さんはそう言うと腰を上下にリズミカルに振ります。
『んっ! んふぅ、ンあぁ♡ これでも、充分奥にぃ……当るのぉ♡ ンふっ♡ んっ!』
叔母さんは、ほのかちゃんにレクチャーをしながらも、声がうわずってとろけています。

『凄い……。こんなに大きいのに、全部入っちゃってる……』
ほのかちゃんは、結合部を凝視しながら言います。叔母さんも、娘にこんな姿をさらしているのに、かまわずに腰を振り続け、あえぎ続けます。

『やってみる?』
叔母さんは、とろけた顔のまま言います。
『うん! やってみる!』
ほのかちゃんは元気に返事をしながら、パンツを脱いでいきました。毛の無い真っ直ぐな線みたいなアソコが見えます。そして、叔母さんは僕の上からどくと、ほのかちゃんと入れ替わりました。

ほのかちゃんは僕のモノを小さな手で掴むと、自分のアソコに導いていきます。叔母さんの膣や手の感触も強烈に気持ち良かったですが、ほのかちゃんの小さくて柔らかい手に包み込まれると、それだけで射精してしまいそうでした。

『お兄ちゃん、じゃあ行くね……』
ほのかちゃんは緊張した声でそう言うと、腰を降ろしてきました。前回は、あまりにほのかちゃんが痛そうで、入れてすぐに抜いてしまったので正直あまりよくわかりませんでした。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">