昔はこんなこともよくあったものだが

Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)
中学三年の時の夏の終わりでした。

夏休み明けに体育祭があって、応援団を担当していた私は、休み中も学校に来て体育祭の準備などを行っていました。
校舎の旧館である別館に荷物などを置いて、仲間内で段取りを決めたり、応援合戦のネタを考えたりしていました。
いつもなら暗くならないうちに早く帰るのですが、その日はやることが多く、後片付けなどに手間取り、
日も暮れてしまっていました。

私は作業が進んだことで、ある意味満足感を感じていましたが、仲間は時間が遅くなったので早々に帰って行きました。
私も早く帰らなきゃいけないなと思い、別館へ荷物を取りにいきました。

すると別館前に、卒業生の先輩たちが男4人集まっていました。不良っぽく怖かったので、私は会釈だけして通り過ぎました。
「なんか・・嫌な感じだなぁ・・・。」そう思い、なるべく目を合わせないようにして、その場を離れました。

別館の三回まで登って、美術室に置いてある自分の荷物を取り、早くここから離れようと、
足早に階段を降り、別館の入口に向かった時、私はギョッとしました。
男たちが入り口を塞ぐように立っていて、私の方を一斉に見てニタニタと笑っていました。

怖かったけれども、そこを通るしか他にないので、うつむき加減で男たちの間を抜けようとした。
すると、「体育祭の準備、たいへんだね?」と声をかけられました。
私は、「あ、はい・・・」と顔を合わさないように男たちの間を抜けようとした瞬間、出入口を完全に通せんぼされ、
扉を閉められました。

そして男たちは私の肩を掴んで、「せっかくだからもっとお話しようよ?」と言って私を取り囲みました。
そして、私の手首をギュっと掴み逃がさないようにし、「せっかくだからゆっくりお話しようよ?」と言ってきました。
「いいです、もう遅いんで・・・」私はなんとか逃れようとしました。

すると、別の男が私のもう片方の腕を掴もうとしてきたので、
私はその手を振り払い、腕を掴まれないようにしましたが、男も無理やり掴もうとしてきました。
私が少し暴れたので、男の手は私の胸を触ってしまいました。
その瞬間、男たちの欲望に火がついたのか、男全員が私の胸を触ろうと手を伸ばしてきました。

私は反射的に「いやぁっっ」と叫び、自分の荷物を投げつけ逃げ出しました。
今思えばなんて愚かなと思いますが、気が動転した私は、別館の上の階に逃げてしまいました。
逃げ道なんてないのに・・・。

私と男たちの鬼ごっこが始まりました。いや、鬼ごっこというより獲物を追う狩りと言ったほうが正しいのか。
捕まったら確実に犯されると思い、必死で逃げました。
そして三階の美術室の用具入れの中に隠れました。

男たちは一部屋づつ虱潰しに探していました。
まずは二階、そして三階。
男たちが近づいてくるのが気配や音でわかり、私は緊張状態となり、心臓はバクバクとなっていました。
そして、男たちはとうとう美術室へと入ってきました。
私は息を殺して去って行くまで待ちました。男たちはしばらく室内を捜索してから出て行きました。

「助かった」と私は思い、10分位してから用具入れから出て様子を見に行きました。
三階にはもう彼らがいないとわかり、二階へゆっくりと慎重に降りて行きました。
そして二階にもいないことを確認し、一階へ降りる階段から少しずつ一階の様子を伺いました。

シーンと静まり返り、もはや人はいないような感じでした。すると、別館の入り口付近に私の荷物が落ちていました。
「あれを取ってダッシュで逃げよう」と思い、私はついうっかりその荷物に近づきました。
男たちが仕掛けた罠だと気付かないで・・・。

よく考えれば逃げ道なんてなかったから、最初から私は犯されることが決定していたのです。
男たちは扉の影に隠れていて、私の前に飛び出し、「み?つけた?」と言い放ちました。
私はまた気が動転し、上の階へ逃げました。男たちも走って追ってきました。

やっとの思いで三階の美術室まで逃げましたが、息が切れ、もうヘトヘトでした。
男たちはすぐ追ってきて、美術室の二つの出入口を手分けして塞ぎました。そしてジリジリと私に迫ってきました。

私は強行突破しようと出入口へ向かいました。
しかし、男の力に勝てるわけなく、腕を捕まれ、私は廊下で座り込みました。
男たちは私を取り囲み、抱え上げて、隣の図書室へ運び込みました。
私は抵抗しましたが力ずくで私は引きずられ、図書室のカウンターの裏へ連れ込まれました。
そして図書室の鍵を閉め、私を寝かせ、私の体中を触り始めました。

男たちの8本の手が私の体に伸びてきて、私の胸、首筋、脇、お腹、太腿、下腹部と撫で回し始めました。
私は2本の手で抵抗しましたが、簡単に押さえつけられました。
そして私は胸や下腹部を触られるたび、ビクッと体を反応させてしまいました。
男たちは、それを見て興奮してニタニタと笑い、私の顔を覗きこんで醜悪な表情を浮かべました。
私が顔を背けると、男たちはさらに興奮して歓喜しました。

そして、私のジャージのズボンに一人の男の手がかかりました。
私は「いやっ、いやっ」と抵抗しましたが、むしろ男たちをより喜ばせてしまいました。
そして私はズボンを脱がされ、ブルマー姿にされました。男たちは私の膝を抱え上げ、足を開かせて、
私の股間を無防備にしました。

そして私の割れ目部分を指でなぞり始めました。
私は必死で足を閉じようとしましたが、がっちり足を抑えられ、されるがままになっていました。

男たちは私の上体を起こして、体育座りの状態にしました。後ろから胸を乱暴に揉まれ、
私はその男にもたれかかるような形になりました。
足は開かれた状態を保たれて、沢山の男の指が、ブルマー越しにわたしの割れ目を刺激してきました。

すると、急に一人の男が私の目の前に仁王立ちになりました。
私はビックリしてその男の顔を見上げました。
男はまたニタニタ笑って私を見下ろしながら、自分のベルトを外しチャックを下ろしてイチモツを出し始めました。
ビックリしている私の頭をガッチリ押さえつけ、私の口の中へイチモツを滑り込ませてきました。
当然私は抵抗して口から吐き出そうとしましたが、頭をガッチリ抑えられ、両手も他の男に掴まれて、
一切の自由を奪われました。

男は腰を突き出し、奥までイチモツを突っ込んできました。
喉にあたり、私はむせてしまいました。私は涙目になり、「んんーーー、んんーーー」と声にならない声で抵抗しました。
相変わらず別の男は、私の胸を揉み、股間を弄って、効率よく私の体を弄びました。

しばらく男は私の口腔を犯していましたが、ゆっくりと口からイチモツを抜き出しました。
私は息苦しさから開放され、ぐったりとして頭を下げ、うつ向きました。
そして私の口から、溜まっていたヨダレがポタポタと体操服に落ちました。

すると男たちは体操服を脱がせにかかりました。
私も段々体力が奪われ、男の力の強さに押されて抵抗できなくなっていました。
すんなり体操服を脱がされ、ブラジャー姿にされブラの上からキツく胸を揉まれました。
そして股間にむしゃぶりついていた男の手が、ブルマーの腰の部分にかかりました。
そしてゆっくり、本当にゆっくりと時間を掛けて、私はブルマーを脱がされました。

男は私のブルマーを剥ぎ取り、まるで獲物を獲ったかのように歓喜しました。
すぐに男たちは、パンティの上から私の股間の割れ目を指でグリグリと上下になぞってきました。
パンティにスジがクッキリ浮かび上がり、男たちは楽しそうにスジをなぞって弄んできました。
私は極度の嫌悪感と羞恥心に苛まれましたが、男たちに拘束され逃げられない現実が、
それらを絶望感へと変えていきました。

次に男たちはポジションをローテーションし、別の男が私の前に仁王立ちになりました。
そしてイチモツを出し私の口内へ挿入してきました。

私は絶望感と疲労から、だんだん抵抗しなくなってきていました。
むしろ、これからこの人達に犯されるんだと言う現実を、受け入れ始めていました。
男は私の頭を抑え、腰を動かして、イチモツで私の口内を探るようにピストンを繰り返しました。

それほど大きくない私の胸は強く搾られ、股間は乱暴にイジられ、足を何度も閉じようとしてもガッチリ抑えられ、
恥ずかしいけれど、私はパンツを湿らせてしまっていました。
パンツが湿って股間に張り付き、スジをよりクッキリと浮かび上がらせていました。

しばらくして、男は私の口からイチモツをニュルッと抜きました。
私は呼吸を整えるために深く息をし、ぐったりと後ろの男にもたれ掛かりました。

すると後ろの男は、私の背中を前に倒してきました。
そして、ブラのホックを外してきました。
簡単にブラを外され、別の男が肩紐を引っ張り剥ぎとっていきました。
もう私はされるがままでした。

私は仰向けに寝かされ、男たちはわたしの乳房を鷲掴みにし、乳首を指先で転がして遊び始めました。
私は自分の意志に反して乳首をプックリと勃たせてしまいました。
男たちはそれを確認すると、ぬーっと顔を近づけ、私の乳首にしゃぶりつきました。
男たちは私の乳首に強力に吸い付き、歯や舌で刺激し始めました。
思わず私は、「んっ、んんっ」と声を漏らしてしまいました。

片方ずつ違う男に乳首を吸い付かれ、得も言われぬ快感が私を襲ってきました。
私は正直感じてしまっていました。
悔しさから強烈な自己嫌悪に陥り、私は顔を背けました。
しかしそんなことはお構いなしに、男たちはさらに強力に吸い付き、まるで私から母乳を吸い取ろうとするかのごとく、
夢中になって吸い続けました。

そして私の股間を触っていた男が、とうとう私のパンツに手をかけました。
そしてまた、ゆっくり楽しそうに下げていきました。
その瞬間私は覚悟しました、男たちに輪姦されることを・・・。
男はパンツを完全に脱がしきらず、私の右足首に引っ掛けた状態にしました。

そして足を開け、仲間に私のアソコを見せびらかしました。
乳首を吸っていた男も、私のアソコを覗き、「おおおおーーーー」と低い唸り声をあげて歓喜しました。
彼らは一斉に私の秘部を攻め始めました。
隠すものがなくなった私のアソコは不本意ながら濡れていて、攻めやすくなっていました。

男たちは私の割れ目をグッと広げ、穴に指を突っ込んできました、一人ではなく複数で。
男たちの指は、私の中でウネウネと動き回りました。
まるで変な生き物が這いまわっているように感じ、背筋がゾクッとなり、恐怖しました。
私は「お願いだからもう許してよ・・・」と懇願していました。
男たちはさらに興奮し、私の中をかき回しました。

そして十分私の膣内をほぐした後、イチモツをそそり勃てた男が私の前に来て、私の足を抱え込み、
パンパンに膨らんで硬くなったイチモツを、私の割れ目に擦り付けてきました。
しばらく上下に擦り付けた後、柔らかくなって広がった私の入り口からゆっくり入ってきました。

暖かく硬いものが体内に入ってきて、凄まじい違和感が私を襲い、男が腰を動かす度に、
異物を挿入されている感じがビリビリと伝わり、私を陵辱してきました。

他の男は私の顔や結合部分を見て喜び、胸を揉んだり吸ったりしてきました。
彼らは、もはや抵抗する力も気力もなくなった私の手首を掴んで押さえつけ、
獲物を最後までしゃぶり尽くそうとする獣のようでした。

しばらくすると、私の中に入ってる男の腰の動きが早くなってきました。
私は奥に突き上げられる度に、「うっ、うっ・・」と自然に声を漏らしていました。
すごい圧迫感を感じ、やり場のない感情が湧き上がりました。

男の腰の動きがいっそう早くなったかと思うと、「うおおおぉぉぉぉ」と叫びました。
そして急に男がイチモツを抜き、私のヘソに向かって大量の精液が噴出してきました。
私はお腹の上に、白濁した粘液をぶちまけられ、男の欲望を見せられた気がしました。

男は、とても熱く生臭い精液を出し、恍惚の表情を浮かべていました。
しかし私は、「やっと一人終わった、後三人で帰れるんだ・・・。」と心の中でつぶやきました。

私は別の男に体を起こされ、四つん這いにさせられました。
そして後ろから挿入されました。
男は乱暴に後ろからガンガンと突いてきました。
私は涙声で「いやぁぁぁっっ」と力なく拒絶しました。
また別の男が私の目の前に塞がり、イチモツを口内に突っ込んできました。
私は小さな抵抗すら出来なくさせられました。

後ろから前からと突っ込まれて、私は苦しく、嫌でたまりませんでした。
楽になりたくて、私は「早くイカせれば、早く終われる」と思い、仕方なく舌を使って口の中のイチモツを舐め、
ご奉仕しました。

すると男は、「うほぉぉぉ、この女自分から舐めてるぞぉぉ」と言い、私の頭を抱え、髪をグッと掴んで腰を動かし、
イチモツを私の舌にこすり付けました。
男のイチモツは私の口の中で、さらに硬く大きくなっていきましたが、私は我慢し、ご奉仕し続けました。

すると男は、私の頭を更にキツく掴んで、「あっ、あっ、出るっ、出るぅぅぅ」と言い、
私の喉奥付近までイチモツを突っ込み、そのまま停止しました。
そして私の口内に、苦しょっぱい精液を放出してきました。
私は飲み込まないように我慢しました。

男のイチモツが柔らかく萎んでいくのを感じながら「これで後二人だ・・・」と思いました。
彼のイチモツが口内から抜かれ、私は口内に溜まった大量の精液と唾液を、床に吐き出しました。
粘りのある液体は塊になり、私の口から糸を引いて、ボタボタと落ちました。

ぐったりした私を、後ろから突っ込んでいた男が抱え上げ、さらにガンガン付いた後、私をまた仰向けに寝かせ、
正常位で再度入ってきました。
男は汗をかき、熱気ムンムンで私に乗っかってきました。
長い時間私の中に入り込んで、私の体内を楽しんでいました。
私は「いつ終わるんだろう・・・」と思いましたが、もうすぐだと自分に言い聞かせ耐えました。

そして男は強く早く腰を動かし、一気にイチモツを抜き、私の胸に向けて発射しました。
しかし勢い余り、胸を飛び越え、私は顔や髪の毛にもぶっかけられました。
そして満足そうに私の顔にイチモツを擦り付け、残った精液を処理しました。
「やった、後一人だ、もうすぐ帰れる」私はそれだけを考え、最後の一人の挿入を待ちました。

最後の一人が私を見下ろしながらイチモツを出しました。
一番体が大きい彼のイチモツは、とりわけ大きく、立派にそそり勃っていました。
そして私の太腿を抱えて広げ、膣内にゆっくり入ってきました。

とても太く硬く、異物感が半端なく、力も強くて腰を突き出し、私の膣内のなるべく奥に侵入しようとしてきました。
あの異様な感覚は、後にも先にもこの時だけだと思います。
そして彼が動く度に、また私は「うっ、うっ・・」と、声を漏らしてしまいました。

信じられないくらい私の膣内は押し広げられ、感覚がおかしくなってきていました。
男は私の足を抱え、さらに奥に入り込もうと突っ込んできました。
もう限界なのに・・・。

しかし私は、正直その痛気持ちいい刺激で感じてしまっていました。
そしてまた、ものすごい自己嫌悪に陥りました。
悔しくて涙がこぼれましたが、男は、私の中に入り込んだままニタニタと笑い、心行くまで私を犯しました。

男は私の上にグイッと乗っかり、私の腕を抑え、腰を早く振り始めました。
「あ、来た、やっと終わるんだ・・・」と私は思い、男の絶頂を待ちました。

するとあろうことか、男は力いっぱい私の奥にイチモツを押し込んで、私の腕を掴んだまま止まりました。
私は状況を一瞬で理解し、「いややあぁぁぁ・・・」と叫びました。
次の瞬間、私の体内に温かいものがドクドクと注がれました。

私はショックでボーゼンとしましたが、涙目で男に向かって「何で中に出すの?」と恨み節を言いました。
男は「だって気持よかったんだよ!」と吐き捨てました。

彼は自分の子種をすべて出し終えると、ゆっくり私の中から出て行きました。
そしてそそくさと自分の服を着始めました。

男たちはぐったりする私に「ありがとね!」と軽く言い放ち、さっそうと逃げて行きました。
私はしばらく動けませんでした。

こうして私は彼らの輪姦から開放されました。
正直終わった後は安堵感のほうが強く、悔しさは後から湧いてきました。

手際の良さから考えると、予め私を犯す手順は決めてあったのだと思います。
そして、中で出された私は、しばらく妊娠の心配をしていましたが、、生理もきたので、とりあえずは安心しました。

しかし、処女じゃなかったとはいえ、複数の男に無理やり犯されて、トラウマになり、しばらく男性不信になりました。
そして、また彼らがやってきて輪姦されるんじゃないだろうかと、しばらく警戒してすごしました。

余談ですが、冬になる前のある日、私のところへ別の卒業生の先輩の男二人がやってきました。
どうもあの男たちから私のことを聞いたらしく、やらせてくれと懇願されました。
当然私は拒絶し、逃げようとしましたが、逃してくれず、また無理やり犯されて中に出されるのも嫌だったので、
30分ほど問答した挙句、フェラだけならという約束で合意しました。

そして、テニス部の部室に忍び込み、男が自分のズボンとパンツを下げて椅子に座りました。
私は膝をついて男のイチモツを咥え、ご奉仕し始めました。

するともう一人の男が、後ろから胸を揉んできました。
私はその手を振り払いました。

すると今度は、私の制服のスカートをたくし上げ、パンツの中に手を入れて股間を弄ってきました。
約束違反でしたが、舐められてる方の男が、私の髪を優しく撫でてくれたのが悪く思えず、
なにより早く終わって欲しかったので、無視して続けました。

早々に男は私の口内で果てました。
もう一人の男は色々と注文をつけ偉そうだったので、私は腹が立って、刺激しまくって一分でイカせてやりました。
早漏がバレて、男はしょぼんとしていました。

より一層男性不信になった私は、しばらくは男性と付き合う気にはなれませんでした。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">