女性センターの悪夢②

Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)

 ご近所の凉子さんが近づいてきたかと思うと、いきなり僕の裸の胸を、両手でギュ――ッ!とつねりました。

 あ~!痛い、いたたたたたた。痛いです、奥さん・・・・。

 僕はまだ、それほど深刻な事態だとは思ってなかったので、顔見知りの凉子さんに、ちょっと甘えてみました。
 すると、彼女は「フフフ・・・・」と笑い、
 「オンナのお仕置きだと思って、甘く見てると、痛い目にあうわよ」
 そう言って、うしろに下がってしまいました。

 入れ替わりに、長い茶髪をした二十代のママが、いきなり僕の顔をパンチしました。
 華奢な女性の力なので、たいしたダメージにはならない・・・・と思いきや、不意打ちは効きます!僕はほっぺたを 抱えて、その場に倒れました。

 肌の露出が多いキャミソール姿で、色の派手な茶髪で、元ヤンキーっぽい彼女は、みんなから沙耶さんと呼ばれていました。
 小学校の娘を二人連れてますが、なるほど、親に似て、子供のくせに派手派手な格好をしてます。
 沙耶さんは、僕の頭髪をつかみ、無理やり起きあがらせました。
 二人の娘が、にやにや笑いながら、自分の母親がするのを見守っています。

 パン!パン!パン!と、沙耶さんは往復ビンタをお見舞いしました。

 僕は身をよじり、
 「よせよ!お前なんかにやられる筋合いはないじゃないか」と言いました。

 しかし、沙耶さんは余裕たっぷりにこう答えました。
 「あら、そうかしら?きょうは、女の子供を持つママたちが集まって、 痴漢退治の講習会なのよ。ここにいるみんなにお仕置きする権利があるわ。・・・でも、ま、いいわよ。悔しかったら、 かかってくれば?」

 もちろん、この場で沙耶さんに襲いかかるなんて、できるはずがありません。

 「なんだ、弱いわねぇ。本当にどうしょうもないわねぇ」
 僕に裸を命じた、今瀬梨津子さんが言いました。

 「ここまで女に馬鹿にされて、なんとも思わないのかしら」
 今瀬梨律子さんの娘の、奈津子さんが、母親に調子を合わせて言いました。
 彼女は、女子校の制服のミニスカートから、健康的な白い太ももをのぞかせています。
 まるで見せつけるようです。
 ・・・・屈辱です。

 「ほら、なにを迷ってるのよ。男でしょ。かかっておいでよ」
 沙耶さんが言いました。彼女はキャミソールのひもを指でさわりながら、
 「フフフ、あなた痴漢なんでしょ。わたしに抱きついて、服を脱がしてごらん」

 会場の女性たちが、笑いながら拍手しました。

 こういうの逆セクハラっていうんじゃないんですか。

 三十歳ぐらいの母親が二人、前に出てきました。


 連日猛暑なので、彼女たちもみんな薄着です。
 涼しげなスカートをひらひらさせたり、両手で胸元を広げて、ブラジャーの紐を見せびらかしたりしながら、
 「ほーら、どうしたの?わたしたち相手でもいいのよ。悔しかったら、かかって来なさいよ」
 「情けないわねぇ。あんた、本当にキンタマついてんの?」

 もう会場は爆笑の嵐です。

 「ここまで言われて動けないなら、あんた男じゃないわ」
 沙耶さんが、冷た~い目で言いました。

 「男じゃないなら、キンタマ取っちゃうわよ――!」
 会場のだれかが言いました。またそれで女性たちは拍手。

 「ほらーさっさとしないと、パンツまで脱がされちゃうわよ!!」
 女教師の小菅美帆が、よく通る声で言いました。

 「あははは!脱がせ、脱がせ」
 普段は真面目そうな、若いママが言います。
 ・・・・だんだん、会場が興奮してきているみたいです。
 僕を取り囲む女性たちの輪が、さっきよりもだいぶ小さくなりました。

 ・・・・僕は、両手で顔を隠して、泣いてしまいました・・・・。
 それしか、方法がなかったと言うことです。
 すると、女性たちから大ブーイングがわき起こりました。

 「なんだ、情けないわねぇ」
 「泣いたって、どうにもならないじゃない」
 と梨津子、奈津子の親子が言いました。

 女性たちは、しくしくと泣きつづける僕の様子を、しばらく観賞していました。
 こういうとき、女の人というのは、本当に残酷ですよ。
 「ねえーみっともないでしょ。あれが、痴漢なんてする人間の姿なのよ」とか、
 「よぉく見ておきなさい。悪い大人は、こうこう目にあうんですからね」なんて、それぞれの娘に教えたりしています。

 中には「かわいそうじゃない?」と言った人もいたんですが、そういう彼女だって、拍手をしたり、 笑ったりしてるんだから、意味がないです。

 しばらくして、元ヤンキーの沙耶さんが、僕のお尻をひっぱたきました。
 「泣きたきゃ、いくらでも泣けばいいわ。だれも同情なんてしないから。あんたが抵抗しないなら、こっちからいかせてもらうよ!」
 そう言って、彼女は、僕のわき腹に一発パンチをくらわせると、「いやっ!」の気合いとともに、足を振り上げました。

 げすっ。             ・・・・・・見事な技と言うべきでしょうか。沙耶さんのサンダルが、 僕の男の急所部分をとらえました。
 言うまでもなく、この一撃で僕は“GAME OVER”です。涙も吹き飛びました。
 次の瞬間、会議室にいる女性たちが、大歓声を上げました。
 その声を、僕は床にはいつくばって聞いています。

 「いい?みんなよく聞くのよ。みんなが痴漢に出会ったときは、いまのように、急所をねらうのがいちばんの撃退法よ。 いいわね?」
 今瀬梨津子がマイクで言いました。

 「は~い」 「分かりました♪」 「よく分かりました~」 「分かったわァ」 ・・・・・・。全部で十数人いる女子生徒たちが、 明るい返事をしました。

 僕が全身にあぶら汗をかき、うんうん言いながら苦しんでいると、沙耶さんは背中にサンダルを乗せ、ぐりっと ふみ倒しました。
 ちょっとやりすぎじゃないですか。こんな教育が許されていいのか。

 すると、スーツ姿の二人の女教師が、みんなに向かってこう言いました。
 「みんなは、男の急所がどこにあるか・・・・なんであるか、知ってるわね?」

 これに対しては、「は~い」というまばらな返事。
 ただし、答えなかった子も、本当は知ってることを示す、くすくす 笑う声、声、声・・・・・・。

 「ま、みんな当然知ってるわね。はい!そうね。男の人は、オチンチンを攻撃されると、たちどころに弱くなります。 これは、いま見たとおりだけど・・・・。なにか質問がある人?」

 「さっきの攻撃で、タマタマは潰れたんですか~ぁ?」
 女子生徒の中でも、とくに活発そうな子が、大きな声で言いました。
 子供たちだけでなく、母親たちまで思わず笑いを誘います。

 「それでは、ご本人に聞いてみましょう」
 女子高生の奈津子さんがおどけて、僕にマイクを向けました。

 まだ僕はしゃべれる状態じゃないです。
 すると、沙耶さんがマイクを奪い、
 「はい、潰れてしまったようです」と言いました。

 それで、またまた大爆笑・・・・拍手、拍手の嵐です。

 僕は、痛みと、くやしさと、情けなさと・・・・恐怖で、ふたたび泣きました。
 「ぼ、ぼくは、凉子さんの下着を、一回盗んだだけなのに」

 「ちょっと!それ、聞き捨てならないわねぇ。下着を一回盗んだだけでも、じゅうぶんに痴漢 じゃないのよ!」
 沙耶さんが、言いました。彼女はマイクを使い、
 「みんな!ちっとも反省してないわよ」

 会場がわき上がります。
 僕は興奮の坩堝(るつぼ)の中で、女性たちから立たされました。
 重く、どんよりとした痛みが、まだ睾丸に残っています。まっすぐ背中をのばして立つのは苦しい・・・・。

 問題の、下着を盗まれた凉子さんが正面に立ちます。
 なにをされるのか・・・・。
 瞬間、恐怖におびえる僕の目を覗いて、凉子さんが笑いました。
 こうして見ると、ドキッとする美貌の持ち主です。美魔女系です。
 そして・・・・・・彼女のスマートな脚が上がり、あっと思ったときには、彼女のひざ先が 僕の股間に埋め込まれていました。

 ぐぁふ。
 それはもはやキンタマの痛みではなく、その奥にある内臓の痛み・・・・のように感じられました。
 僕は目の前が本当にまっ暗になり・・・・、このまま気絶したら幸せだろうと思いました。しかし、女性たちは それを許しませんでした。

 「ちょっと、お水出してくれる?」
 コンビニ袋の中から、500ミリのペットボトルが三本、そのぜんぶのキャップが開けられました。
 「さ、飲みなさい」
 女性たちは、無理やり僕を抱き起こして、水を飲ませました。僕は飲みたくありません・・・・。苦しいだけです。
 ペットボトルの約半分を飲み干し、ぶわっと吹きました。
 近くにいた女性たちに水しぶきがかかります。

 「なにやってんのよ!」
 と、女子高生の奈津子さんが僕の頬をひっぱたきました。
 おかげで気を失うことはなくなりました。

 女性たちは、残った水を、僕のパンツの中に注ぎました。ひんやりして、気持ちいい・・・・。
 僕の白いビキニパンツは、濡れ濡れになり、中が透けて見えました。
 「は、恥ずかしい」
 僕は言って、その場にしゃがみました。

 でも、すぐに起こされました。五~六人の女性が、僕を支えます。
 なにするんですか・・・・。もうやめてください。限界です。分からないですか・・・・。
 
 二人の女教師が、女子生徒たちを並べました。
 「やりたいひと?」と言うと、五年生と、中学一年の女子が、名乗りを上げました。

 「じゃあね、軽くでいいから、よぉくねらって・・・・」
 冗談じゃない。軽くでも、これ以上やられたら死んでしまう。

 僕は、身をよじって“いやいや”をしました。
 女の子みたいに内股になり、手足をばたつかせて、死にものぐるいで抵抗を試みます。
 さすがに、女子生徒は近づいて来れないでしょう。

 しかし、女性たちは最初からちゃんと考えていました。
 革でできたバンドが用意され・・・・それには頑丈なロープが付いていました。
 全部で四本。言うまでもなく、僕の両足、両手を固定するためのものです。
 こういうのはハンズとかで売ってるんでしょうか。
 だれか、SM趣味のある奥さんでもいるのかな。

 「寝かされるのと、立ったまま、どっちがいい?」
 涼子さんが言いました。

 ど、どちらもイヤですけど・・・・。

 「立ったままがいいわよ。屈辱的で」
 奈津子さんが言いました。

 「あら、無理やり押さえつけられて、寝かされる方が屈辱じゃない?」
 若いママの一人が言いました。
 「寝かせると、みんなよく見えないわよ」
 と、沙耶さん。
 「それなら、テーブルを組んで、その上に寝かせたらどう?」
 また別のママが言いました。
 それで決まったみたいです。

 女性たちは、みんなで協力して、僕を会議室の長いテーブルに寝かせました。
 僕の意見なんて最初から聞くつもりないんだから、言わなければいいのに。
 それにしても、“どちらがより屈辱か”で決めるなんて、たいした人たちです。

 ママたちが革バンドを僕の両手にはめ込みました。
 ロープがぴんと張られ、僕の両手はそれぞれ別の方向に引っ張られます。
 革バンドが、手首にくい込んでいます。痛いです・・・・。
 おそらく、内出血しています。

 つぎは、足首に革バンドがはめ込まれました。
 てきぱきと作業していく凉子さん、沙耶さんに、僕は哀れっぽく言いました。
 「どうか、許して下さい。この前のことは、本当に反省しています。お願いですから・・・・」

 凉子さん沙耶さんが、僕を見下ろして、笑いました。
 「こうなったらもう、だれにも止められないわよ」
 と、凉子さんが言い、沙耶さんも、
 「あなた、オモチャになるのよ」
 と言って、ハンズで買ってきた(?)いろいろな道具を並べました。

 首輪、鞭、針のついてない注射器、音だけ大きいハリセン、ボクシンググローブ、ダーツの矢、 女性用カツラ、メイドさんの女装セット・・・・などなど、大半がくだらない玩具です。・・・・・・あ、だから、“オモチャになる”のか。

 僕は思わず身震いしました。

 「足かせする前に、パンツ脱がした方がいいわよ」
 後ろの方にいた若いママが言いました。
 「どうせ、あとで脱がすんでしょ?足かせしちゃったら、切らないと脱げなくなるわ」

 女子高生の奈津子さんが、玩具の中からメイドさんの衣装を取り出し、
 「ふふふ、そしたら、これを着せてあげる」
 ひらひらのついたエプロンを僕の前にさらしました。

 や、やめて!

 奈津子さんの冗談はともかく、凉子さんと、沙耶さんが、僕の下半身に手をのばしてきました。
 「うわ~パンツ、びしょびしょだわ」
 「早いとこ、脱がしちゃいましょう」

 二人の会話に、他の女性たちも全員集まってきて加わります。
 「本当に、この場でパンツ脱がすの?」
 「最初からそのつもりのくせに!」
 「フフフ・・・・そうよ、そのつもりよ」

 や、やめてくれえええ!
 僕は首をぶんぶん振り回して抵抗します。それしか、できることがありません。

 涼子さんが目を細めました。
 「そんなに、パンツ脱がされるの嫌?」

 あ、当たり前じゃないですか。こんなに大勢の前で・・・。

 「・・じゃ、今すぐ、わたしのパンツ返して」
 涼子さんが、僕の胸に身を乗り出して言いました。

 そ、それは・・・・・・。

 「返せないんでしょ」

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 「返せるわけないわ。どうせ下着を頭からかぶったり、匂いをかいでオナニーしたのよ」
 若い母親の一人が、意地悪く言います。

 その瞬間、涼子さんが僕の顔面を思いっきり張りました。それも往復で。
 「・・返せないなら、あなた、文句言う資格ないわね」

 あ、あたらしいの、買って、お返しします・・・・・・。

 「フーン。あたらしいの、買ってくれるんだ?」

 い、慰謝料もお支払いしますから!!

 「・・・・うーん、これは、お金だけで、簡単に済ませていい問題じゃないしなあ・・・」
 涼子さんが、考えるそぶりを見せて、背後にいる女性たちをふり返ります。

 女性たちは無言。ここまで来て、中止なんてあり得ないという顔をしています。

 「ワルイ男子は、パンツを下ろしてお仕置き!」
 女子生徒の一人が叫ぶように言いました。

 「パンツぐらい脱がさないと、女の子の恥ずかしい気持ちは理解できないわよ」
 補足するように、ママの一人が言います。
 「小学校のクラスでも、スカートめくりをした男子は、放課後に残して、女の子たちの学級裁判で、パンツ脱がしの刑にすることもあるわ」

 ・・・・・・・・・・。いくら、女性の権利が強くなっているからといって、それは、あんまりじゃ・・・。

 「あら、最近では、男子は、中学校までは、裸にしてもいいことになってるのよ」
 制服姿の女子中学生を連れたママが言いました。

 「裸にしてどうするの?」

 「“罪の重さ”に応じて、おちんちんを、引っぱったり、定規で叩いたりするらしいわよ」

 「今は、中学生だと、オチンチンに毛が生えてる子も多いんじゃない」

 「そうみたいね。ここだけの話、毛が生えたかどうかチェックするために、女の子たちが、適当な罪をでっちあげて、男子を脱がすこともあるみたいよ」

 「それはひどいわ」

 「いいのよ。その年頃の男子なんて、どうせ、頭の中はエッチなことしか考えてないんだから」

 「それは、そうかもしれないけど」
 ママたちの会話に、僕は震えあがってしまいます。

 女子高生の奈津子さんが、僕が鳥肌を立てたのを、目ざとく見つけました。
 彼女は笑いながら、
 「中学で、クラスの女子に裸を見られるのは、つらいわよねえ。・・・・ところで、お兄さんは、おいくつ?」

 「二十六歳!」
 小菅美帆が、ここぞとばかり、叫びました。
 女性たちが爆笑します。
 ・・・・やっぱり、僕のこと怨みに思っていたんですね、先生。

 「二十六歳でパンツ脱がしのお仕置きか・・・・うわ、最悪、あり得ない」
 沙耶さんがわざとらしく言います。
 「わたしなら羞恥で二度と立ち上がれないかもね」

 「エッチなことばかり考えてた罰ですよ!」
 二十代のママが言いました。
 あれ、この人、ついさっき“ひどい”って言った人です。もう、宗旨替えですか。

 彼女、よく見ると、カワイイ顔してます。
 話によると、母娘で雑誌モデルだそうです。関係ないけど・・・・。

 「それじゃ、◎◎君。今日は、メグさんに、たっぷりと、オチンチンを見てもらいましょうねぇ」
 中学女子のママが、言いました。
 意地悪で、わざとらしい発言です。僕のこころの動きなんて、完全に見透かされています。

 な、何でも言うこと聞きます。だから許して!!!
 思わず僕は叫びました。

 「なんでも言うこと聞くなら、お前、パンツ脱げよ!!」
 少女の一人が言うと、またしても女性たち爆笑。

 #☆※ゆ、ゆ、許して!!
 もう僕は涙声です。
 顔を引きつらせて、涼子さんに哀願します。

 涼子さんは、考えるようなそぶりをして、一瞬の間をおいてから、
 「ダメ!・・下着泥棒の罰として、今からあなたを、オチンチン丸出しの刑に処します」
 と言いました。
 「しっかり反省して下さいね」

 女性たちがみんな、げらげら笑っています。
 今日の、この僕の運命は、彼女たちみんな合意した上でのことなんでしょうか?

 最後に僕は、喉も割れんばかりの声で、叫びました。
 やめろ!!

 「さ、みんな注目!」
 わざわざ言わなくても、みんな注目してるって・・・・。ぜんぶ僕を辱めるためにやっているんですね、涼子さん。

 何人もの女性に足を押さえられ、注視される中、僕はパンツを足元までめくり下ろされました。
 女性たちが、わざとらしく悲鳴に似た歓声をあげます。

 や、やめて。見ないで・・・・。

 僕は女の子みたいに足をくねらせて、はかない抵抗をしました。
 「もう見られてるのに、馬鹿みたい」
 だれか、女子生徒が言いました。

 両足のロープが、それぞれの方向にピン!と、のばされました。

 これじゃ、隠しようがありません。
 僕は、女子供二十五人の前で、生まれたままの姿をさらけ出す羽目になりました。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">