勇者「勇者養成課程が終了、いよいよ冒険だ!」

Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)

勇者「はぁ…辛い勇者学校の養成課程が終わり、ようやくスタートラインに立てたな」
教官「おう、勇者!準備はいいか?…
では出発だ、最初だけ冒険のコツ教えてやるからな」
町の門番「おや、教官。お出かけですか?」
教官「ああ、こいつが新しく勇者になったんだが…武器を預かってやってくれ」
勇者「え?武器を?ちょ、勇者学校では『武器は勇者の命』って…」
教官「あ?あれは嘘嘘
冒険者登録可能な職業の、最終試験に受からなかった奴は
町から出ないで一生を終えるから、知らないもんな
本当はさ、町の外は丸腰で歩けるぐらいに安全なんだよ」
【勇者は『銅の剣』を捨てた】
【勇者は『皮の鎧』を捨てた】

3 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:01:09.30 ID:D2rSYn1JO
勇者「え…丸腰でOKて…僕が6年間学校で習った事が、根底から覆るじゃないですか!」
教官「…まあ色々と事情があるのよ」
勇者「僕は納得がいきません…
大体、そんなに平和ならば、勇者とか戦士とか、いらないじゃないですか」
教官「まあまあ、お前はまだ13歳、若い若い
…もう一回言うけど、色々と事情があるんだよ」
勇者「…ハッ…もしかしたら、勇者とか全部嘘で…
今から僕は、どこかの農園や道具屋や工場で過酷な丁稚奉公に…」
教官「違う違う、考えすぎだ…お~い」
外の門番「どーも、お出かけでしょうか?」

4 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:04:27.05 ID:D2rSYn1JO
勇者「あれ…?町の城壁からかなり離れたのに、また城壁がある…」
教官「こいつ、新しい勇者な」
外門番「あ~、新人さんかい、羨ましいねえ…」
勇者「…羨ましい?」
教官「宿とか調達で町に用事があって帰る時、これがあれば便利だから忘れるなよ」
【勇者は『勇者証明証』を手に入れた】
教官「それがあると消費税が掛からなかったり、宿屋が割引になったり…
何かと便利だぜ、なくすんじゃないぞ?」
勇者「はぁ…しかし、話に聞いてた魔王退治って…」
教官「…まあそこらへんは置いといて…とりあえず、習うより慣れろだ
外壁の更に外にいる、スライムあたりの相手をしてみようぜ」

6 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:07:49.95 ID:D2rSYn1JO
勇者「や、やっぱりモンスターはいるんじゃないですか!丸腰では無理でしょ!」
教官「あはは、大丈夫大丈夫…
ほら、あそこの繁みにスライムっぽいのがいるぜ!行け!」
勇者「ちょ、ちょ…もー仕方ない!隠れてないで、掛かって来やがれ、スライム!」
【『スライム』が現れた!】
スライム1「………」
勇者「…あの~教官…」
教官「ん?なんだ?」
勇者「…これが、スライムですか?」
教官「うん、スライムだ」
勇者「…どっからどうみても…裸の人間じゃないですか!
しかも、胸とか大きくて変だし!
…股間に、チンコも付いてないですよ!」
教官「まあ、お前にとっては、物心がついてから初めて見るモンスターだからな…驚くのも無理はないな」

8 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:09:54.25 ID:D2rSYn1JO
教官「ちなみに、モンスターは我々事情通の間では『女』とも呼んでいる」
勇者「お…女?…女って、何ですか?」
教官「…まあいい、とりあえず、お前もズボンを脱げ」
勇者「ちょ…脱がさないで下さいよ!」
教官「んで…スライムの胸や、男でいうチンチンの辺りを…じっと見ろ」
勇者「え?…じーーーーっ……きょ、教官!身体が変です!
…チンコが硬く、大きくなって…なんだか、苦しいです!!」
教官「よし、その、そびえ立つチンポコを…
スライムの…お前でいう、おチンチンやキンタマがある辺りの穴に
ぶち込むんだ!早く!」
勇者「わ…わかりました…す、スライム!覚悟しろよ…」
教官「…スライムに言う事を聞かせるんだ!こういう風に…
おい、スライム!四つん這いになって、勇者にケツを突き出せ!」
スライム1「…はい」

12 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:11:58.59 ID:D2rSYn1JO
勇者「お…女?だっけ…って、こんな変なものがついてんのか…
…まさにモンスターだな!モンスターは勇者が懲らしめてやらないとな!」
教官「ああ、そうだ!お前の檜の棒で、懲らしめてやれ!
そのアワビ貝の身みたいな真ん中の、穴に
チンポを押し当てて、挿入しちまえ!!」
勇者「わかりました!…ここか?ここかな?畜生…!わかんないぞ…」
スライム1「…ここです…そう、そこ」
勇者「コイツ…自分から穴の位置を教えて来やがったぞ…馬鹿なモンスターめ!
よし、勇者のチンポを、スライムのモンスターにぶち込むぞ!」
教官「勇者よ、その貝のような部分は『おまんこ』と言うのだ」
勇者「わかりました…みてろ、スライムのおまんこに、勇者チンポをねじ込んでやるっ!」

15 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:13:51.73 ID:D2rSYn1JO
スライム1「…んんっ……」
勇者「きょ、教官!こいつ、チンポを…こいつの『おまんこ』に押しつけたら…
甲高い声で泣き出しましたよ!?」
教官「大丈夫だ、それはお前の攻撃が効いている証拠だ…いけ、挿入だ!」
勇者「はい…ほらっ……うわ…なんだこりゃ…何これ!!」
スライム1「…あぁっ!…ん…」
勇者「きょ…教官~!た、助けて下さい!チンポ…チンポおかしいです!
頭がおかしくなりそうなぐらいに、チンポが痺れてます!
しかもなんだかもう、このスライムのおまんこから…チンポを出したくないです!」
教官「そうだ!今まさにお前は、スライムと戦っているんだ!
その切なさに負けるんじゃない!チンポを動かせ!
チンポをひたすら前後に動かして、勝利を得るのだ!」

17 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:15:33.94 ID:D2rSYn1JO
勇者「わ…わかりました…くそ…
チンポが、柔らかく、暖かく、でも確かな弾力でおまんこに包まれていて…
動かすと…にゅるにゅるして…なんだ、この感じは…チンチンが変な感じだぞ…」
教官「勇者、お前は今まさに快楽を貪っているのだ!
さあ、スライムごときの身体、お前の思う存分に快楽を貪ってやるといい!」
勇者「か…快楽…確かに、なんだかチンチンが気持ちいいのかも…
スライム、覚悟しろよ!
お前のおまんこで、もっともっと気持ちよくなってやるからな!
ほら、ほら!」
スライム1「あっ!…んぁ、んっ!
ゆ、勇者さまっ…!あっ…」

21 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:16:52.59 ID:D2rSYn1JO
勇者「た…たまらん…教官、チンチン、もっと変になって来ました!
これ以上チンチン動かしてると、頭が狂っちゃいます!ああっ…き、きもちぃ」
教官「そこだ!そこが我慢のしどころだぞ!
その、自分が狂うかもしれないという恐怖心を乗り超えろ!
一心不乱に突け!突け!ひたすら突くんだ!」
勇者「よし…す、スライム、スライム!
…よくわからんが…僕はお前を懲らしめてるのか?」
スライム1「は…はいっ、勇者様の童貞チンチン…最高ですっ!」
勇者「ど…童貞?なんだそりゃ…」
教官「モンスターを懲らしめた事がない男の事を『童貞』というのだ
町に住む奴等は殆どが童貞だ…奴らは女がいない町で死んで行くからな…」

25 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:18:27.95 ID:D2rSYn1JO
勇者「教官っ!助けて下さい!チンチン、本当、狂う!」
教官「その調子だ!もうすぐスライムを倒せるぞ!
ほら、腰のスピードを上げろ!もっと速く!」
勇者「はっはっ…スライムっ、スライムっ、スライム!
なんか知らないけど…お前、かわいいな…!ああ、だめ、チンチンおかしくなる!
チンチン飛んでっちゃいそう!あっ!あっ!飛ぶ!どっかにいく!ああっ!………あ…あっ」
スライム1「あ…んっ…勇者さま…」
教官「よし、勇者!お前は今、スライムのおまんこの中に射精したんだ!
お前は、スライムを懲らしめたんだぞ!お前の勝ちだ!」
勇者「…ふぅ…ぼ…僕の勝ち、勝ったのか?スライム…ありがとうな」
スライム1「…いいえ…こちらこそありがとうございました、勇者様…」
【『スライム』を倒した!勇者は経験値4を獲得した】

29 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:19:46.31 ID:D2rSYn1JO
教官「…で、モンスターを倒した記録をこの『クエスト手帳』に書いて…んでお前のハンコを押す
そして、倒したモンスターに署名とハンコを押して貰う
…これでモンスター退治の完了だ。この仕事の累積ポイントで
各町や村の国営ギルドから歩合でゴールドが貰えるのだ」
【勇者は『クエスト手帳』を手に入れた】
勇者「なるほど…書き書き…スライムさん、署名とハンコ、お願いします」
スライム1「了解です…書き書き…はい、どうぞ」
勇者「ありがとう…いや~、仕事したって感じだなあ!」
教官「ただ…このモンスター退治は、非常に体力を使うんだ…
一日に何十回もすると、命の危険さえ出て来るぞ
疲れたら、近くの町や村の宿屋に泊まる事だな
間違っても野営はするなよ?
飢えたモンスター共にバトルを挑まれ、余計に体力を消耗するからな」
勇者「わかりました、覚えておきます」

32 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:20:53.29 ID:D2rSYn1JO
教官「それと、一番重要な事だが…
町に戻ったり、他の町や村にいっても…
この本当の『外の世界』の事は、一切、口外するんじゃないぞ?」
勇者「え?何故ですか?」
教官「…わからんが、自分が可愛ければ、そうしておけ…
俺が現役の勇者だった頃、パーティーを組んでいた奴が
ついうっかり町の連中に口を滑らせてしまってな。
ある日、突然そいつが何の連絡も無しに、いなくなった事がある…
とにかく、この『外の世界』は冒険者達だけの秘密なんだよ…わかったな?」
勇者「わかりました…肝に銘じておきます」
教官「じゃ、俺は町に戻るな…わからない事があったら、クエスト手帳を見てくれ
大抵の事は解決するはずだ…
町に戻ったら、また勇者学校に顔を見せに来いよ?
…ただ、生徒にも余計な事はいうなよ?じゃあな、頑張れよ!」

35 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:23:23.26 ID:D2rSYn1JO
勇者「…さて…まだモンスターを退治しないとなあ…
しかし、モンスター退治って気持ちいいんだな…知らなかったよ…!」
スライム2「……」
スライム3「…あ、若い勇者様だ」
勇者「ふふふ…やいモンスター共!よ、四つん這いになって、ケツをこちらに突き出せ!」
スライム2「…はいっ」
スライム3「お仕置して下さい、勇者様っ!」
勇者「よし!俺の檜の棒で、二人順番に倒してやるっ…この、かわいいモンスター共め!
まずは、お前のおまんこからだ…食らえ!」
スライム2「あ…ゆ、勇者さまっ!気持ちいいです!」
スライム3「勇者さまぁ、早くあたしのおまんこにも攻撃して下さいっ…クネクネ」

勇者「はぁ…はぁ…二人連続はキツいが…なんとか倒したぞ…」
スライム2「ゆ…勇者さま…きもちよかったですぅ…」
スライム3「……だいしゅきです、勇者さま…」
【スライム2匹を倒した!勇者は経験値8を獲得した】
♪オマンコチョッパッピー!
【勇者はレベルが2に上がった!勇者のチンポの称号が『檜の棒』から『棍棒』に変わった!】

38 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:25:49.49 ID:D2rSYn1JO
勇者「…ん、なんだかさっきよりも、チンポに自信が持てるようになった気が…」
スライム2「おめでとうございます!
勇者様の檜の棒チンポが、めでたく棍棒チンポに進化しました!」
スライム3「先ほどよりも、きっと肉棒攻撃の威力が増しましたよ!」
スライム2「そうやって経験を積む事によって、真の勇者に近付く事ができるのですよ」
勇者「なるほど…そういうもんか…
あ!クエスト手帳にサインとハンコ、と…そこのお二人も、ご記入お願いします」
スライム2&3「はいはい…」
勇者「…よし、確認しました、ありがとうな!もしまた逢ったら、是非もう一回バトルしような!」
スライム2「はい!是非また!」
スライム3「応援してますね!勇者様!」
勇者「…勇者って、冒険って…気持ちいいし、こんなに楽しいんだな!
…さてさて、他のモンスターはおらんかね…」

42 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:28:32.62 ID:D2rSYn1JO
勇者「はぁ…こんな格好でモンスター退治もできるんだな…
…かわいいスライムが、仰向けになって、脚を開いてやがるぜ…へへへ」
スライム4「ああ、勇者様…激しすぎますっ…んっ」
スライム5「いいなあ…4ちゃん羨ましい…勇者様、あたしにも早くしてね!」
スライム6「あたしも、あたしも!」
スライム7「ああ…勇者様の棍棒が4ちゃんの穴に入ってるのを見てたら…
我慢できないよぅ…クチュクチュ…クチュ…んんっ!」
勇者「ちょっと待てよ…俺の棍棒は一本しかないんだぜ…
…あせるなよ…スライム、いくよ、そろそろ退治するよ!」
スライム4「来て、来て、勇者様っ!ああっ!」

勇者「ふぅ…4人続けては…さすがにキツい…」
【スライム4匹を倒した!勇者は経験値16を獲得した】
♪オマンコチョッパッピー!
【勇者はレベルが3に上がった!勇者は『ペニ』の魔法を覚えた!】
勇者「…『ペニ』って何じゃろ」

44 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:29:42.95 ID:D2rSYn1JO
スライム7「書き書き…ハンコ…終わりました~!」
勇者「おう!ありがとうな!じゃあな!」
スライム5「…あの勇者様…若いし素敵だったなあ…」
スライム6「最近はオッサン相手ばっかだったものね…
たまには、ああいう可愛い勇者様に退治されないと、やってられないわ」

勇者「ふらふら…身体も疲れたし、なんかチンコと金玉が痛い…
…折角、魔法らしきものを覚えたが…よくわからんな…
そうだ、クエスト手帳で調べてみよう…
ペニ…ペニ…お、あったあった!なになに…」
手帳「『ペニ』とは、最も簡単なチンポ回復魔法である…
使い方は簡単、魔法を覚えたら、チンコと金玉に向かって『ペニ』の呪文を唱える
すると、チンコや精液や体力が一定の値だけ回復するのである…
ただし、MPの使いすぎには注意」
勇者「ふむふむ…なるほど、やってみるか!『ペニ』!」
【勇者は『ペニ』の呪文を唱えた!勇者のHPが最大値まで回復した!】

45 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:32:21.42 ID:D2rSYn1JO
勇者「…うおお、なんか知らんが体力が回復してきた!
金タマの痛みやチンポの擦り傷も消えた!…またチンコが硬くなったぞ!
…これでまた、思う存分にモンスター退治できるぞ!」

勇者「…ふぅ…疲れた…あれから更に、スライムを5匹も退治したからなあ…
よし、またまた回復だ!ペニ!ペニ!
…あれ?効かない!MPが無くなっちゃったかなあ…?
町に戻るか」
外の門番「おお、おかえり、初陣はどうだった?」
勇者「スライムを12匹ほど、懲らしめてやりましたよ!」
外の門番「そうか、若い人は元気だねえ…
俺も休憩時に、スライムをつまみ食いしてるが
一日3~4回が限度だなあ、あはは…おっと、俺がスライムに手を出してるのは秘密にな…」
勇者「わかりました、いや、あれは手を出しちゃいますよね!
最高ですよ、モンスター退治って!」

47 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:35:04.90 ID:D2rSYn1JO
勇者「…ただいまです」
町の門番「おお、勇者じゃないか、おかえり」
勇者「ふぅ…疲れた…学校の寮にはもう戻れないだろうから…宿屋に泊まろうかな」
町の門番「その前に、国営ギルドに行った方がいいぜ
お前さん、金持ってないだろ?今日の成果がギルドに貰えるぜ」
勇者「そうか、ギルドに行かないとね…ありがとう!」

勇者「…国営ギルドの前に来たが…ここって、何らかの冒険者資格がない一般人は入っちゃダメだから
初めて入るよな…し、失礼します…ギィッ」
事務員「いらっしゃいませ…おや、当ギルドは初のご利用ですか」
勇者「はい…今日から勇者になったもので」
事務員「では、ギルド会員証を作って戴きますね…こちらにご記入下さい」
勇者「書き書き…意外に面倒い仕事だな、冒険って…はい、書きました」
事務員「では、クエスト手帳をお預かり致します…
計算して精算しますので、しばらくお待ち下さいませ」

49 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:37:08.74 ID:D2rSYn1JO
勇者「…ギルドの報酬受け取りって、道具屋の買い取りよりも、時間かかるんだな
…周りのギルド利用者、オッサンが多いなあ…
あれは戦士、あっちは魔法使い…あっちは商人…僧侶もいるな」
事務員「お待たせしました…スライム12匹で、12ゴールドになります」
勇者「そ…そんなに!?確か、チロールのチョコが30ヂョルドで…
コウカのコーラが120ヂョルドで…
1000ヂョルド=1ゴールドで…
12000ヂョルド!?!?」
事務員「ヂョルドにすると、そうなりますね
まあ、勇者様は今日からは、そこらの市民とは10段ぐらい別階級ですので
ヂョルド通貨で買い物なさる事はあまりないかと…
ゴールドでお渡ししますね、はい」
勇者「確かに受け取りました…受領証に、サインとハンコと…」
【勇者は12ゴールドを手に入れた!】
事務員「では、またモンスター退治、頑張って下さい!」
勇者「ふぅ…しかし、普通のビジネス宿屋は確か5~6ゴールドはかかるよな…
勇者割引が5割ぐらいでも、勿体ないなあ…
…よし、割引なしでも2~3ゴールドで泊まれる、カプセル宿屋にしよう!」

52 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:38:41.93 ID:D2rSYn1JO
勇者「ども、一泊したいんですけど」
カプセル宿主「…こっちにサインして下さい…
あ、勇者証明証あるんですね、1ゴールドでいいですよ」
勇者「…勇者って得だなあ、色々と…」
カプセル宿主「…勇者様なら、モンスターのサービスはいらないね」
勇者「ん?」
カプセル宿主「なんでもない、なんでもない…さ、部屋はこの鍵の番号ね」
勇者「…思えば、小さい時にいた施設、勇者学校の寮以外で寝た事なんてないよなあ
あ、勇者学校時代に野営実習があったが…あれも町中だったし、皆いたからな…
…まあいい、明日のモンスター退治に備えて寝るかな…」

勇者「…さあ、今日も冒険に出発だ!」
カプセル宿主「いってらっしゃいませ」
【勇者は1ゴールドを払った】

勇者「さてさて、今日もスライムあたりを狩るかな…
…ん!あそこで、他の冒険者が、スライムを退治しているな」
戦士「…ほらっ!スライム!俺の銅の剣の威力は凄いか!?」
スライム13「す…凄いですっ…戦士さまっ、もっと銅の剣チンチン、下さいっ!」
勇者「…なんか人がバトルしてるの観るのって…ドキドキするな…コソコソ…」

56 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:40:52.65 ID:D2rSYn1JO
勇者「…モジモジ…コソコソ」
戦士「…おい、そこの坊主…覗いてないで出て来い」
勇者「あ…バレてたか…すみません、ついつい」
戦士「…ちっ、勇者か…よりによって一・二を争うほどの格上の珍しい職業だ…
まあいい、坊主、スライム退治を手伝え…ほら、早く」
勇者「え…でも、戦士さんが、スライムのおまんこにチンポを入れてますよね…」
戦士「そうだな……お前は、スライムに口でしゃぶってもらえ
俺がその間も、こうやってバックからおまんこにブチ込んでるからさ」
勇者「ち…チンポを口で…!?」
スライム13「…勇者さまぁ…勇者様のこ、棍棒…しゃぶらせて下さいぃ…」
戦士「ほら、スライムもねだってきてるだろうが、しゃぶって貰えよ」
勇者「そういう事なら…ドキドキ…かわいいスライムが…俺のチンポをしゃぶってる…」
戦士「…ほら、こいつの口をおまんこだと思って…
スライムの頭と、お前の腰を激しく動かして
チンポを思う存分に気持ちよくして貰って、スライムを懲らしめちまいな!」

58 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:42:26.93 ID:D2rSYn1JO
勇者「くっ…スライム、スライム、スライム!ああ、気持ちいいよ、スライム!かわいいっ!」
スライム13「んっ…はむっ…ふっ…ちゅぱっ…」
戦士「へへへ、スライムの口、たまらないだろ…?
それ、フェラチオっていうんだぜ…?
もっと強制的に、モンスターの頭を掴んでチンポを動かせば、イラマチオだぜ」
勇者「…スライム、い、いらまちお、しちゃうよ!
ああっ…たまんねっ、スライムの口…おまんこみたいで、気持ちいいよっ!」
戦士「…ほら、スライムの喉の奥に、お前のチンポから出る絞りたてミルクを出しちまいな!
俺もそろそろ、おまんこに出しちまいそうだぜ!…いく、おお、いくぞぉぉ!」
勇者「ひゃぁ、本当にどっかに飛んで行っちゃいそうです!いくいく、チンチン飛んでく!あああ、射精するっ!あっ!!」
スライム13「むっ…んっ、んっ、んっ、んんぶっっ!!!
んっ!ごきゅっ…ごくっ……ぷはぁっ!…はぁ…んっ…はぁ…」
戦士「…ふぅ…いやあ、いいバトルだったわ…勇者、協力ありがとうな、お前と二人でモンスター退治してたら、いつもより興奮したぜ」
勇者「ふぅ…僕もです…こんな…口で退治するなんて、初めてで…」

74 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 06:53:26.78 ID:D2rSYn1JO
【スライムを倒した!勇者達は経験値4を獲得した!】
スライム13「…はい、書きました」
戦士「どう?よかった?」
スライム13「はい…すっごく…よかったです」
戦士「そうか、また逢ったら抱いてやるからなっ!チュッ…」
スライム13「ちゅっ…お待ちしてますね、勇者様も…ちゅっ」
勇者「お、お、おう…なんだか照れるな…」
戦士「…坊主、見た所、勇者になってから、まだ日が浅そうじゃねえか?」
勇者「はあ、実は昨日なったばかりで…」
戦士「はは、やっぱりそうか、モンスターの抱き方が初々しかったからな」
勇者「…戦士さんは、ベテランさんですか?」
戦士「いや、実は俺も、戦士になってまだ2ヶ月ぐらいなんだ
坊主よりはかなり歳上だが…試験になかなか受からなくてな…
ようやく17回目で合格したんだ……31歳になった今年まで、一般市民だったぜ」
勇者「なるほど…苦労なさったんですねえ…」
戦士「…おい、坊主!
さっきの、二人でやったモンスター退治も最高だったし…
俺とパーティーを組まないか?」
勇者「え!?いいんですか!?僕なんかで」
戦士「いやいや、お前はなかなか見込みがありそうだからな
どうだ?一緒に旅をしないか!?」
勇者「も、勿論です!わからない事も沢山あるし…
戦士さんは素晴らしいチンコをお持ちですし、助かります!
是非一緒に冒険して、共にモンスターを狩りまくりましょう!」

87 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 07:05:35.64 ID:D2rSYn1JO
勇者「しかし、いま考えたら、昨日からスライムしか倒してませんよ、僕」
戦士「ここらへんは、カテゴリー『スライム』のモンスターしかいないからな…
ほら、あっちの山の裾野あるだろ?
あっちの方は、違うカテゴリーのモンスターがいるぜ…覚悟はあるか?」
勇者「勿論です!もっともっと、色々なモンスターを、僕の武器で懲らしめなくては!」
戦士「そうか…じゃ、行こうぜ」

戦士「そろそろスライム以外が出るはずなんだが…あ!いたいた!」
【『スク水スライム』が現れた!】
スク水スライム「うにゅ…」
勇者「な、な、な、何か紺色の変な服を着てますよ!コイツ!
おまんこにチンコを入れられないじゃないですか!」
戦士「大丈夫だ!コイツ…スク水スライムの服の股間には、切り抜きがある…
しかし、そこが手強い訳じゃないんだ…」
勇者「こ、こんな奴、スライムと変わらないや!
やい、スク水スライム!四つん這いになって、ケツをこっちに向けやがれ」
スク水「…ぷいっ」
勇者「こ…こんにゃろ…!僕は勇者様だぞ!勇者様の棍棒が欲しくないのか!?」
スク水「…こ、怖いよう…え~ん」
勇者「ちょ…おい、待て…戦士さん!スク水スライム、泣き出しやがりました!」
戦士「…仕方ないなあ…おい、スク水スライム…怖くないよ、よしよし…」
スク水「…おじさんは大丈夫だけど…あっちのお兄ちゃんが怖いよぅ…」
戦士「大丈夫大丈夫、あのお兄ちゃんな、スク水スライムちゃんが可愛すぎて、焦ってるだけなんだ…
…な?退治してもいいよな?」
スク水スライム「…こくっ」
戦士「お~い、退治していいってさ」
勇者「…さすが戦士さん…敵わないや…脱ぎ脱ぎ」

94 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 07:17:44.15 ID:D2rSYn1JO
戦士「よし…今度はお前がバックからぶち込め
俺は銅の剣チンポをしゃぶらせるから」
勇者「わかりました!…しかし、なんか妙だな…
殆どスライムと同じなのに…この、紺色の珍妙な服を纏ってあるだけで…
3倍ぐらい興奮しちゃうよ」
戦士「おう、丁度いいや、これを使え」
【戦士は勇者に『ペーペのローション』を手渡した】
勇者「…なんすか、これ」
戦士「蓋を開けて、そのスク水スライムの服に、ペーペを沢山かけてやれ
2本セットで、たったの1ゴールドだから、気兼ねせずに使え」
勇者「はい……なんだこりゃ!えらいドロドロの液体が出てきました!」
戦士「それをスク水スライムにかけて…満遍なく伸ばしてやるんだ
特に、ケツやマンコの辺りを重点的にな」
勇者「わ、わかりました…ねちょねちょ…なんだかわかりませんが…なんだか興奮します!」
戦士「な?興奮すんだろ?そういうの『エロい』って言うんだよ、冒険者のスラングではな」
勇者「え、エロい!エロいよ!スク水スライムっ、お前エロいぞ!」
スク水スライム「あっ…にゅるにゅるして…変な感じ…!なんか、気持ちいいっ…」
戦士「いまだ、モンスターが感じて来ている!挿入してやれ!」
勇者「は、はいっ…す、スク水スライム!覚悟しろよ!それ!」
スク水スライム「ああっ!勇者…お兄ちゃん…気持ちいいよぅ…チンチン、入ってるっ!」
勇者「はは、このエロモンスターが!この!この!
あはは、紺の生地はにゅるにゅるしてるし、おまんこにいれたチンコが気持ち良すぎて、たまんねえや、こりゃ!」

103 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 07:30:31.13 ID:D2rSYn1JO
勇者「だめだ、あっという間に射精してしまいそうです!」
戦士「はぁ…はぁ…射精の事はな…冒険スラングでは『イク』とか『出す』とか言うんだよ…
俺もそろそろいきそうだ、ザーメン出るかも…」
勇者「ざ、ザーメンって何ですか」
戦士「チンポの先から出る、白いミルクの事だ
種汁とか、精液とか、スペルマとか、白ジャムとか…色々なスラングがあるぜ」
勇者「よし…スク水スライム!勇者様のザーメン、とくと味わうが良い!食らえ!
いく、いく、いく、あー気持ちいい、チンチン気持ちぃ!」
スク水スライム「ああっ、来てくださいっ、勇者様のザーメン…
濃いぃザーメンを、あたしのおまんこの一番奥に、たっぷりと出して下さい!」
勇者「おう、たっぷりと出してやるからな、覚悟しやがれ、モンスターめが…パンッパンッ、パンッ、スパンッ」
戦士「ああ、俺もいく、イクッあああ、かわいい、スク水ちゃん、可愛すぎるっ…
出すぞ、喉の奥で三十路ザーメン出すぞっ!んっ!ううっ!」
勇者「出る、出る、出ちゃうよ!スク水!スク水!ああっ、いくっ、飛んじゃう…あっ…ビュルルルッ!ピュッピュ……はぁ…はぁ…スク水…」
スク水スライム「んぐっ…ぷはっ……せ、戦士様の、ザーメン…美味しかったよ…
勇者様のおちんちんも…気持ちよかったよぅ……あっ…はぁっ…」
勇者「…ふぅ…こいつ…ずっと連れて歩きたいぐらい、良かったっすね…」
戦士「まあ、それが出来んのが冒険者だ…とにかく、沢山のモンスターを退治する
それが国が俺達に与えた仕事…使命だからな…
スク水スライムちゃん、落ち着いたらクエスト手帳に記入お願いな」

109 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 07:43:05.15 ID:D2rSYn1JO
戦士「じゃ、元気でな」
スク水スライム「戦士さまぁ…いかないでぇ…えぐっ…」
戦士「…またいつか逢えるさ…それまでのサヨナラだ…じゃっ」

勇者「…さっきのスク水スライム…ずいぶん戦士さんに懐いてたんでしょうね…
別れる時、可哀相でしたよ」
戦士「…まあ俺だって、たかだか2ヶ月程度とはいえ
今まで、何匹も『ずっとコイツと一緒にいたい、もっと退治したい!』と思ったモンスターはいたさ…
しかし、俺達の仕事は『出来る限りたくさんのモンスターを退治する』事だ
いくら気に入ったとは言え、いつまでも、一匹のモンスターだけを退治し続ける訳にはいかない
単体のモンスターに何回ザーメンを注いだところで、一匹分しかクエスト手帳に記入されないしな…」
勇者「そうか…気持ちいいだけじゃないんですね、この職業は…」
戦士「…確かに俺達は、庶民が得られない、そもそも存在すら知らないような
とてつもない快楽を享受しているんだ
だが、ずっと一緒にいたいと思うモンスターとは、絶対に一緒にいられないし
噂では…長い間モンスター退治をしてない事がわかると…国の憲兵隊等に終われるらしい…
特定のモンスターを連れて歩いているのが、兵士や門番、ギルドの連中にバレたり
他の冒険者にチクられでもしたら…やはり消されるらしいんだ
…俺達は確かに選ばれた存在だ…だからこそ、リスクや悲しみも背負って
国の使命を全うしなければならないんだぜ」
勇者「……僕…認識が甘かったな…出来るかな、この仕事…」
戦士「…大丈夫さ、お前は見込みがあるぜ!
さ、気をとり直して…モンスター狩りがてら
山を越えたあたりにあるという『村』を目指そうぜ!」

116 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 08:00:26.52 ID:D2rSYn1JO
戦士「はぁ…はぁ…ようやく村の高い土壁が見えて来たな…ヨボヨボ」
勇者「…しかし、夜営の時は死ぬかと思いましたね…
断続的に、スク水スライムや女児パンスライムに襲撃され…」
戦士「ああ…お前の『ペニ』の魔法がなければ、死んでた可能性が大だったな…」
勇者「お、門番さんだ…ども~こういう者ですが…」
村の門番「…勇者さんに…戦士さんね…はい、どうぞどうぞ!」
戦士「ところで門番よ、お前もここらのモンスターをたまにつまみ食いしてるんだろ?」
村の門番「ぎくぅぅ!!な、な、何をおっしゃいますやら…」
戦士「いや、門番ならどこでもやってる事だぜ…
まあそこで話があるんだが、ここらへんのモンスター事情を教えてくれねえか?」
村の門番「う~ん、最近、急に増えたんですよねえ…
どうもあっちの森の方に大量にニーソスライムやら、パジャマスライムやらがいるようですが…
上の方からは『あの森には絶対に』近付くなと言われてまして、なんとも…
どうも、国の憲兵隊や騎兵隊などが森の奥を警備しているようです」
戦士「そかそか…良い事を聞いたわ、これやるよ」
【戦士は村の門番に『ペーペのローション』を渡した】
村の門番「ちょ…ペーペ!いいんですか、こんなものを…」
戦士「おう、100個ぐらい持ってるからな、気にせずに貰ってくれ…じゃ、村に入るか」
勇者「そうですねえ…まずはギルドに行って、ゴールド支給して貰わないと」

124 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 08:16:50.25 ID:D2rSYn1JO
村事務員「…はい、それぞれ75ゴールドずつね」
勇者「おお…大金だなあ」
戦士「そうか?殆ど1日徹夜で退治してた割には、まあ普通じゃね」
村事務員「…これは冒険者の方々に伝えてる、大事な大事な、連絡事項なんですが…」
勇者「ん、なんですか?」
村事務員「最近『森には近付くな』と、城の方から、異常なほどに注意を受けてまして
興味を持って向かった方は、全員この村には戻って来ておりません
噂によると、衛兵や騎兵隊、憲兵等に誅殺されるとか…
くれぐれも、変な興味を持って、森には向かわれないように…
一応の注意はしときましたからね」

勇者「いやあ、怖いなあ…昨日の戦士様の話もあるし…
この国って、結構わからない事だらけだし、怖いですよね…」
戦士「…俺が戦士学校時代にいた『ダチョーウの町』に、ある男がいたんだ…
…そいつは、町の真ん中にある『ネットウの泉』で、身を乗り出して、泉の中をよく覗いていた
…いつも友人に対して『押すなよ』『いいか、押すなよ』『絶対に押すなよ』とか言うんだ…
しかし、本当は押して貰いたくてたまらないようにみえて仕方がない
俺は毎回、不思議で仕方がなかった
それで、そいつの友人二人は、いつもそいつの背中を突き飛ばすんだ…
ところが、そいつは怒る振りはするが、内心は怒っていない…
本当は背中を押して貰って、『ネットウの泉』に、頭から突っ込みたかったんだよ
…そいつの名前は『ウエキマ』、そいつの友人は『ネイチャ』『リーデル』って言うんだがな
まあ要するに、俺が言いたいのはだな…
『行くなよ』『絶対に行くなよ』ってのは…『是非行ってみて下さい!』の意味だよなあ?」
勇者「ま…まさか、森へ行くんですか!?」

128 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 08:34:54.59 ID:D2rSYn1JO
勇者「せ…戦士さん…止めときましょうよ…見つかったら殺されますって」
戦士「大丈夫だって、村の門番からは死角だったし…おや、兵士だ、茂みに伏せろ!」
衛兵「…異常なしであります!」
士官「うむ!…この『生命の杜』の存在を、冒険者共に知られる訳にはいかんからな…
…者ども、しっかりと警備に励め!」
衛兵2「ははっ!」
勇者「……生命の…杜…?」
戦士「…勇者よ…なんだかこの先、面白いものがありそうなぁ」
勇者「ちょ…あんだけ警備がいたら無理ですってば…!!」
戦士「大丈夫大丈夫…ピュー ピーーー」
勇者「せ、戦士さぁ~ん、口笛なんて吹いたら…!」
士官「…誰だ!?出合え出合え!」
勇者「ほら!言わんこっちゃないですか!逃げましょうよ!」
戦士「…まあ見とけよ、勇者…」
士官「…くそ、皆持ち場に戻って、このあたりに衛兵はワシ以外に一人しかおらんのか!
音がしたのは、あちらの茂みだ!調べて来い!」
衛兵3「いま、調べて参ります!」
勇者「せ、戦士さん、逃げましょうよ!あんな重装備野郎にやられたら、タダじゃ済みませんよ!」
戦士「…シッ!黙ってろ!」
衛兵「ここかな…ガサガサ…んっ!ぬわっ!……ガツッ、ガツッ…うっ…パタリ…」
戦士「はは、伊達に戦士学校に23年も通ってねえよ…
…脱ぎ脱ぎ…コイツの服と鎧を着て、っと…
ちょっと待てな、お前の服も調達してやる」
士官「…どうだった?誰か怪しい者はいなかったか!?」
戦士「はっ、怪しい者はおりませんでした!………俺達以外はな!ドカッ!ゲシッ!キュッ…」
士官「ひ…ひぇぇ!助け……うっ…キュゥ…パタン…」
勇者「つ…強い…戦士さん、すげえわ!!」
戦士「お前の服、調達したぜ…荷物は脱いだ服も含めて、全部持って来いよ」

131 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 08:48:39.43 ID:D2rSYn1JO
衛兵5「おお、あれは高級士官の制服…一同、敬礼!」
衛兵達「ビシッ!」
勇者「ご…ご苦労ご苦労」
戦士「…ところで、我々はまさに今日、赴任して来たばかりなのだが…
『生命の杜』とやらはどちらなのかな」
衛兵6「『生命の杜』の入口はあの、若干獣道っぽい道を、真直ぐに行った奥にある…
しかし、我々一般の衛兵は、近付く事も許されていないぞ?」
戦士「いや、こちらの上官が行かれるのだ…ねえ?」
勇者「そ…そういうこと!」
衛兵6「そうでしたか、失礼しました…お気を付けて!ビシッ!」

戦士「…うまく撒いた上に、『生命の杜』の場所までわかっちまったな」
勇者「ドキドキ…確実に殺されるかと思いましたよ!…なんでこんな目に…」
戦士「ははは、毎日ただただ、ここいらのモンスター狩ってるよりは楽しいだろ?」
勇者「…いや、僕はもっとたくさん、普通にモンスター退治がしたいんですけど…」
戦士「…それに、この世界の、何か重要な秘密の一端が分かるかもしれないぜ?
なんせ、国を挙げてのこの警護だ…何かしらあるはずだろ」
勇者「…普通にクエストがしたかったです…うぅ……
あれ?警備兵が沢山と…竹か何かで出来た、壁…?」
戦士「…あれが『生命の杜』とやらの入口だな…
見られないように、あいつらに横や裏に回ってみようぜ…さすがにあの検問らしき警護は突破できねえや」
勇者「ひぃぃ…僕はどうなるんだろう…」

135 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 09:04:53.18 ID:D2rSYn1JO
戦士「…裏に回って来たが…衛兵はいないな」
勇者「大丈夫かな…ドキドキ…」
戦士「お前が上手く言い訳出来れば大丈夫だよ…ん、壁の向こうから、音や声が聞こえるな」
勇者「…本当だ…もしかしたら、モンスターもいるのかな」
戦士「…ちょっとここの竹壁の竹を一本、取っちまおうぜ」
勇者「ちょ…知らないですよ!バレても…僕だけ速攻で逃げますからね!」
戦士「大丈夫だっつの…よっと……!!??」
勇者「…な、な、な…何じゃこりゃあああああ!?」
スライム754824「う…産まれる…う…」
スライム4576772「ひぃ、ひぃ、ふぅ…ひぃ…」
スライム5698870「い、痛い!いたいよぉ…」
医者「もっと気張るんじゃ、頑張れ!」
赤ん坊1「オギャア、オギャア!オギャア!」
兵士1「えっと…その男の子はっと…ダチョーウの町に送る馬車に入れろ
そっちの男の子は、近くの村に、その男の子勇者学校の町にな」
兵士2「かしこまりました!」
赤ん坊2「オギャア!オギャア、オギャア!」
兵士3「…これもダチョーウの町かな…?」
兵士1「…おい、待て!その赤ん坊は女の子じゃないか?」
兵士3「…あ、付いてませんね、女の子です!」
兵士「気を付けろ!まかり間違って、女の子を町の施設に送ってしまったら…
俺達全員の馘が飛ぶどころじゃ済まされないぞ!
男女振り分けは慎重に、女の子は一律、『モンスターの巣』に送る馬車だぞ!間違えるなよ!」
兵士達「ははっ!」
勇者「な、なんだこりゃ…大量のスライム達のおまんこが…あんなに開いて…
お、おまんこの中から赤ちゃんが!?」
戦士「…馬車…施設…『モンスターの巣』…男女…そういう事かよ…勇者、俺達、えらいモン見ちまったなあ…」
衛兵8「……ん?誰だ貴様らは!!」

143 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 09:21:19.18 ID:D2rSYn1JO
勇者「ひえええ、見つかっちゃいましたよ!」
戦士「ちっ…ここまでか…勇者!検問があった方に逃げるぞ!」
勇者「そ…そっちは衛兵や騎兵隊がたくさんいた方向じゃないですか!」
戦士「だからだよ!同じ服だし、紛れちまえばわからないだろ!」
勇者「うう、神さま、お助け下さい…」

戦士「…な?バレないだろ?」
勇者「…さっきからずっと心臓が止まりそうですよ!」
衛兵9「お~い、『ダチョーウの町』行きの馬車が出るぞ!」
戦士「…よし、アレに乗ろうぜ…
はいはい!俺達、その馬車のダチョーウの町までの護衛を命ぜられました!飛びつき!」
勇者「うう…どうなるんだ、僕は…飛びっ」
御者「…んっ?護衛なんか聞いてないよ」
戦士「いやいや、急遽決まった事らしいよ…ほら、上官まで」
勇者「ウィッス…」
御者「こ、これはこれは…確かに、あそこに『新生命の杜』を作って以来、侵入者が絶えませんからね」
勇者「し…新?ぐふっ…」
戦士「…そうそう、そうだよねぇ…何個目だっけ、あの『生命の杜』って」
御者「…全国津津浦浦にあるからなあ、確か…15ヵ所目かな…?
まあ俺も単なる一兵士、詳しい事は知らんがね…そちらの上官の方が、お詳しいんじゃありませんか?」
勇者「いやいや、僕もあんまり知らなくて…」
御者「お、冒険者が『種付け』してやがるよ」
戦士「種付け?」
御者「ははは、一部のスラングだもんな…
いわゆるモンスター退治、バトルの事を
俺達の部隊では『種付け』『セックス』『ハメる』とか言ってたのさ」

147 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 09:39:58.96 ID:D2rSYn1JO
御者「さあて、施設に着いたぞ…お前ら、赤ん坊を運ぶのを手伝っ
……あれ?畜生、どっかに遊びに行きやがったか」
戦士「はぁ…はぁ…とりあえず…俺の知ってるアングラな宿で話をしよう…」
勇者「はぁ…はぁ…そうですね…色々話し合いたいですね」

戦士「…まずは、あの『生命の杜』とかいう施設だが…」
勇者「なんか、並んで寝てる大量のモンスターのおまんこから
赤ん坊が出てきてましたね…ビックリしましたよ…」
戦士「ああ…あれは間違いない…我々人間と…モンスターが産まれる場所なんだ
俺やお前も…恐らくああいう場所で産まれ
そしてお前は勇者学校の町へ、俺はこのダチョーウの町へ…と、それぞれにやって来たって事だよ」
勇者「…信じられない…僕達は、モンスターから産まれたってのか!?」
戦士「でもお前、人間の赤ん坊が、馬車で町の養護施設に次々と運ばれて来るのは…
今まで、何度となく見ているだろう?」
勇者「確かに…殆ど毎日のように、赤ん坊が来てましたね」
戦士「でも、お前は赤ん坊が産まれて来る所を、今日まで見た事がなかった
…で、さっき、初めて見ただろ?モンスターが、おまんこ赤ん坊をひり出してる所を、だ
…しかもそれを、町や村や…『モンスターの巣』に仕分ける様までもをな」
勇者「うう…頭が痛い…旅立ちの時も思ったが…施設や勇者学校で習った事は…何だったんだ」
戦士「…全て嘘だ、まやかしだ…この国は…一般人だけでなく
恐らく、エリートであるはずの、冒険者の我々までもを騙して来たんだよ」
謎の男「…ガチャ…失礼します!…えー、お客さん方、モンスターの方はどうなされますか?…クルリンパッ」
戦士「…おい、お前、ウエキマじゃないか?」
ウエキマ「ひぇぇ、確かちょっと前に冒険者試験に合格した、戦士さん!
お助け下さい!いえ、決してモンスター売春の客引きなどしていませんから!」

154 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 09:54:18.85 ID:D2rSYn1JO
戦士「…いや、丁度いいとこにきた、ウエキマ
実は俺達、色々と調べてる事があってな…協力してくれないかな?」
ウエキマ「え?モンスター売春斡旋の件を黙ってて戴けるなら、何でもしますよ
戦士さんには、かなりお世話になりましたからねぇ」
戦士「まず、お前が客引きをしている売春組織の事を教えてくれないか」
ウエキマ「参ったな…まあ、お国に黙って貰えるのなら仕方ないか
実は、とある冒険者の方が、冒険はそこそこに
自分が気に入った、かわいいスライム達を囲い込んでましてね…
でも、クエストポイントが稼げないと、さすがに暮らせないですよね
それで、スライム達を一般人に…その…なんて言いますかね
一般人達にも、チェックメイトする機会を与えてあげてるといいますか…」
勇者「…一般市民の割に、随分と冒険者事情と外の世界に詳しいね」
戦士「コイツらは昔から、色々と怪しい事に足を突っ込んでたからなぁ…
それで?その黒幕の冒険者ってのは誰だ?」
ウエキマ「言っちゃっていいのかな…
僧侶様って方です…結構ベテランの僧侶の方なんですが…
あの人は、単に儲けの為にモンスターを使ってる訳じゃないんです!本当なんです!
我々一般人にも『モンスターを味合わせてやりたい』って…
崇高な志がある方なんですよ!お陰で僕も、お小遣いを貯めて
ついに初めてのモンスター退治をしましたがね…最高だったなあ、アレ」
勇者「…戦士さん、これは…会わなくてはいけませんね」
戦士「…何かを知ってる奴かも知れないな…ウエキマ、その『僧侶』って奴に引き合わせてくれないか?」

156 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 10:09:43.53 ID:D2rSYn1JO
スライム687「ああ…僧侶さま、次はあたしに下さい…僧侶さまの棍棒、下さいっ…」
僧侶「はぁ…はぁ…ちょっと待ちなさいね…『ドペニ』!!」
【僧侶は『ドペニ』の呪文を唱えた!僧侶は回復した!】
僧侶「…回復したばかりの私の股間の棍棒が欲しいのは、誰かな?」
スライム687「あたし、あたしが先だもん!」
セーラースライム「あたしだって、待ってたのに!」
レオタードスライム「あ、あたしが先です!」
僧侶「ははは、ラチが開かんな…皆、私にお尻を向けて、四つん這いになって並びなさい」
スライム687「はいっ…フリフリ…僧侶さま…早くっ」
オーバーニースライム「駄目、次の僧侶様のおチンチン、あたしのだもんっ!」
僧侶「ふふふ…まずはレオタードから入れるよ…
ほら、もっと、かわいいお尻とおまんこ…イヤらしく突き出しなさい、ほらっ」
レオタードスライム「やったぁ…お、お願いします!僧侶様、あたしのおまんこに…
僧侶様の、熱く煮えたぎった、お慈悲をくださいませ…」
僧侶「ふふふ…いくよっ!ほっ!ほれっ!」
レオタードスライム「あ…入ってます…僧侶様の…慈悲深い棍棒が…あたしのおまんこに…んっ!」
セーラースライム「う…羨ましい…次こそは、あたしのおまんこに…クチュクチュ…」
僧侶「ははは…やはり最高だな、『交尾』は…この儚い時世を生きていて、唯一至福の時だ…はっ…ふっ…」
ウエキマ「…そ、僧侶様、お務めの所、すみません!
僧侶様に是非ともお会いさせたい方が2名いまして…」
僧侶「はぁ…はぁ…お前の薦めなら構わん、呼び寄せていいよ…はっ…どうだ?レオタード…気持ちいい?おじさんのチンポ、気持ちいい?」
勇者「失礼しま…うわあ!なんだこりゃ!」
戦士「…うわっ…軽く100匹はモンスターがいるな…凄いな」

159 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 10:24:19.98 ID:D2rSYn1JO
僧侶「…お話があるそうですが…見てのとおり、私は取り込み中でしてな…はぁ…はぁ…」
男「お~い7648、そろそろだぞ、上に服着て男装しろ」
スライム7648「は~い…では、いつものお客様のとこ、行ってきま~す」
僧侶「気を付けて行って来るんだよ…う…心地良いなあ…はぁ…はっ」
レオタードスライム「僧侶さまぁ、チンチン…ぢんぢん、気持ちよすぎますぅ…ぁ…」
戦士「また所、チンポは勇者と同じ棍棒なのに…凄いな、あのオッサンの攻撃は」
僧侶「…『ドペニ』!はぁはぁ…よし、まだ行けるぞっ」
勇者「…トペニ?…クエスト手帳によれば、ペニの一つ上級にあたる回復魔法だ…」
戦士「なるほど…ただモノじゃないな、あのオッサンは」
僧侶「…客人方…あなた達も…私が終わるまで…いかがですか?『ドペニ』!『ドペニ』!」
勇者「うわぁ…チンコがビキビキに硬くなった!」
戦士「あの僧侶のオッサン…俺達に『ドペニ』をかけたんだな…」
僧侶「…お前達、彼らのお相手をしてあげなさい」
ロリ巨乳スライム「…勇者さま、一戦、お相手…願えますかぁ?」
勇者「お…おう、いいよいいよ…是非とも」
ランドセルスライム「…戦士のお兄ちゃん…チンチン…お願いしますっ」
戦士「…ははは、『ドペニ』で銅の剣をこんなにされちゃあ、断れねえな…いくぜ、お嬢ちゃん!」
勇者「すげ…ロリ巨乳ちゃんの胸…すげ…」
ロリ巨乳スライム「んっ…やだ、勇者様ったら…おっぱいにむしゃぶりつかないでぇ…」
戦士「はぁ…四つん這いになって…君のランドセルを掴みながら…後ろから犯したいんだ…」
ランドセルスライム「おねがいします、あたしのおまんこ、お兄ちゃんの銅の剣で…めちゃくちゃにしてくらさい…」

161 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 10:38:01.66 ID:D2rSYn1JO
ランドセルスライム「お…お兄ちゃん!激しいよ!ランドセルも、あたしのおまんこも…壊れちゃうよぉ…」
戦士「へへ…壊してやるよ、お前のまだまだ幼いまんこ、壊してやるよ!
…くそ、こんな締まりのいいおまんこ…初めてだな…」
ロリ巨乳スライム「ゆ…勇者さまぁ…ひぎぃ…チンポ、チンポっ棍棒、凄いです…」
勇者「ああ…たまんないよ、ロリ巨乳ちゃんの胸、なんでか揉みたくなるよっ!」
ロリ巨乳スライム「胸って言わないで…おっぱいって言って」
勇者「おっぱい!おっぱい!ああ、チンチン気持ちいい…
仰向けになったロリ巨乳ちゃんの、おっぱい吸って揉みながら…
チンコをおまんこに出し入れするの…たまんねえよ!」
僧侶「…レオタードよ、私はそろそろイクぞ…いつものように、お前の中で
おまんこの終点、折り返し地点で…!私の濃い味ザーメンをぶちまけてしまうよ!」
レオタードスライム「来て下さい!あたしのおまんこの奥に…チンポ汁を注ぎ込んで下さい!」
僧侶「あ…あ、あっ、ああ、あああっ!いく!いくっ!チンチンいくよ!ううっ…」
レオタードスライム「ひぃ……怖いです、あたし、僧侶様のチンポで頭おかしくなっちゃうよおぉ!
…あ、あっ!ああっ…出てる…出てます…僧侶様の…お汁…」
僧侶「……はぁ…はぁ…ふぅ……お二方も、もうすぐですかな」
戦士「…ら、ランドセルちゃん!いくねっ!いくっ…君のかわいいケツ、観ながら
俺のチンポ、君の穴に、根元までねじ込んで…幼いおまんこにザーメン出すからなっ!」
ランドセルスライム「お兄ちゃん!来て!ピュッピュッってして!お願いします!あっあっ…ああっ!!
……お兄ちゃんの戦士汁…中で…出てるよぅ……あっ…はぁ…」

164 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 10:51:58.13 ID:D2rSYn1JO
僧侶「…あとはあちらの勇者の方だけですかね」
勇者「あっ…ロリ巨乳ちゃん!出るね、おまんこの中で勇者ミルク、搾乳しちゃうね!あっ…きもちぃ、ちんちんっいくっ」
ロリ巨乳スライム「勇者さまぁぁぁあ、ひぎぃ、いい、ちんぽっ、ちんぽっ、ぢんぽぉぉ………!
あっ…凄い…溢れるぐらい…だされてる……勇者さまぁ…ぎゅっ…」
戦士「…ふぅ…最高だった…僧侶さん、ありがとな」
僧侶「いえいえ…みた所、あなたは戦士、あちらは勇者さんで…冒険者と見受けられますが」
戦士「確かに、そうなんだが…ちょっと訳アリでな」
勇者「…ふぅ…いやあ、チョーキモティー…なんもいえね…」
戦士「ほら、話すんぞ…いや、もう単刀直入に訊くが…
…僧侶さん、あんたは世界の秘密を知ってるんじゃないかな?」
僧侶「ほほー、これまたストレートな…世界の秘密と言いますと?」
勇者「…モンスター、『生命の杜』、モンスターの巣…赤ん坊がどこから産まれるのか…」
戦士「…俺達は、完全にではないが…かなりの、この世界の秘密を垣間見てしまったんだ」
僧侶「…それはこういう事なのかな…おい、ちょっとアイツらを呼んでくれ」
勇者「…んわ!?なんだ!」
戦士「こ…これは…お腹が大きくなった…モンスターか…!?」
勇者「小さい…モンスターの子供もいる…チンチンがついてない!」
僧侶「…この小さいモンスターの子らは…私の子です…
産まれたのが男の子の場合は、裏ルートを通じて、各地の養護施設に預けました
そして、この腹が大きくなったモンスター達…この子らを孕ませたのも…恐らく私ですな」
戦士「…やはり、我々はモンスターから産まれて来てたのか…!」

167 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 11:07:30.87 ID:D2rSYn1JO
勇者「…さて、僧侶さんの考え方を訊きたい…なぜ、今のような生業をしているのか」
僧侶「…私も冒険者と僧侶の職を捨てた訳ではない…ウエキマ達に、定期でギルドにクエスト手帳を持っていって貰ってるからね
一応はまだ現役だし、明日から、この地下を抜けてモンスター狩りに旅立ったとしても
捕まるような事もないだろうな」
戦士「…では、何故…モンスターを使った商売等を…」
僧侶「…『世界の秘密』を…モンスターとの触れ合いを、ぬくもりを…一般市民にも知って欲しかったのだよ
言うまでもなく、彼らの大半は、モンスターを抱き締める事もなく死んでしまう
人のぬくもりを知らぬままに、町の中だけで死んでゆくのだ…
一般人同士で、怪しい事をする者も、中にはいると聞いたが…
殆どの国民は、自発的な射精の快感すらも知らぬまま、墓に入るのだ…
勇者「…じゃあ、一般人に…タダでモンスターを抱かせてあげればいいじゃないかっ!」
僧侶「…モンスター退治の権利を高値にしたのは、二つ理由がある…
一つは、一般人の皆が…こんな快楽を知ったら、それに溺れてしまい、働かなくなるからだ
…選ばれし我々とは違い、彼らにとっての本職はモンスター退治ではない
無料で何の労もなく、こんな至上の快楽を知ってしまったら…彼らは勤勉の精神を忘れるだろう…
『またモンスターを抱こう!』と、毎日の仕事を頑張ってくれるように、有料にした
もう一つの理由は…私には、どうしても資金が必要だからだ」
戦士「別に、その資金は『ここにいるモンスターを養う為』だけって訳じゃなさそうだな…」
勇者「是非、聞かせてくれませんか?僧侶さんが、何の為に資金が必要なのかを…!」

172 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 11:21:35.33 ID:D2rSYn1JO
僧侶「…ウエキマの信頼している人達なら…大丈夫だろうな…
…最初は、町の一般人達にモンスターを抱かせてやっていれば、世の中は変わるだろうと思った…
しかし、いかんせん…かなり巨大な規模の町とはいえ、町の中だけの話だ
私は悩んだ…どうすれば世界の全ての民が、この『モンスターを退治する』という権利を得られるのかを…
悩んでいるうちに…あるモンスターが子供を産んだ…
その子供が…勇者さんと戦士さんが抱いた二匹だ」
勇者「さ…さっきのモンスターって…」
戦士「僧侶様の子供なのか…!?」
僧侶「ああ…私が気に入ってて、町の者には抱かせた事がないモンスターだったから
…恐らく間違いなく、私の種から産まれた子供達だ」
戦士「…種というと…?」
僧侶「…我々は植物を育てる時、地面に種を植えるだろう?…その種だよ」
勇者「……ああっ!!もしかしたら…」
戦士「…そういう事なのか!?」
僧侶「我々は、容姿、能力などの点で人より若干優れ、そのお陰で冒険者になれた
だが、冒険者の使命が『モンスターを懲らしめる』『魔王を倒す』などというのは大嘘だ
…我々は、他の人達よりも優秀であった為に…地面に撒く種の役割をさせられていたんだよ」
勇者「…というと…?」
僧侶「我々『冒険者』という、優れた『品種』のみを選抜し…
同じく、優秀な『品種』から産まれたモンスターと掛け合わせさせる…
これが、国の…町の城壁や、冒険者制度等…あらゆるカラクリの狙いなんじゃないのかね?」
勇者&戦士「…ああっ!!!」

175 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 11:39:10.65 ID:D2rSYn1JO
僧侶「…あくまで私の考え方たが…この国の為政者達は、恐らく、こう考えてる…
モンスターには、出来る限り優秀な赤ん坊のみを沢山作らせる
その為に、男しかいない町で、優秀な種を時間を掛けて選抜する
その選抜に合格しなかった一般市民には、死ぬまで国家や王家の為に労働して貰う
彼らは試験にこそ受からなかったが、総じて冒険者の息子なので、ある程度の能力はあるし、勤勉だ
彼ら、試験に受からなかった比較的能力が高い一般人には、死ぬまで働いて貰って
莫大な税金を絞り取ろうというのが、国家の狙いだろう…
一方、選抜に受かった優秀な者…まあ、我々冒険者だな…
我々は、『モンスター退治』の名目で、極めて多数のモンスターに種を蒔く事を要求されている…
冒険者という優秀な種を常に掛け合わせ続け、容姿や能力的にレベルの高い世界を維持させようというのだ
一般人を含めた我々は、何世代にも渡り、そういった嘘のプロパガンダを受け続け、騙され続けて来たのだ…
君達もご存じのように、一般人と冒険者にすら、情報の格差がある
その、我々冒険者の持つ基本的な情報ですら、ご存じの通り、全てが嘘で塗り固められたモノだった…
私はね、捨てゴマのように一般市民や我々冒険者を扱う…為政者共が許せないんだ…」
戦士「…だから、国家転覆の為に資金が必要ってか?」
勇者「…僧侶さんの気持ち…よくわかります…僕らは、今まで…何百年も、こうして騙され続けて…うぅ…」
戦士「…これは協力するしかねえな…何が本当に世界の為になるのか…ようやくわかった気がしてきたぜ」

179 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 11:57:16.91 ID:D2rSYn1JO
僧侶「そして、モンスターの事は…最近まで『モンスターの巣』におった、この娘に訊くといいだろう」
縞パンツスライム「…どうも、初めまして、勇者様、戦士様」
勇者「『モンスターの巣』って何?」
縞パンツスライム「…我々、モンスターが産まれてすぐに送られ、育った施設です…
毎日のように、新しいモンスターの赤ん坊が、国軍の馬車によって送られて来ます…
幼い頃から…『どうすれば男の人は気持ちよくなるか?』等を…
徹底的に教え込まれてきました…冒険者の方々と話をするための、最低限の教育も受けます
10歳の時、最初に容姿による選抜があります
合格率、わずか1割ぐらいの狭き問です
受かった子は、あまり詳しい事は知りませんが…どうやら城に行くようです」
勇者「し…城かよ…王や王子が…選りすぐられたモンスターを…?」
戦士「…恐らくそうだろうな…」
縞パンツスライム「12歳の時に、再び、今度は合格率2割の選抜があります…
受かったモンスターの子は、10歳の選抜の時と同じように王城へ…
あたし達のように、落ちたモンスター達は…兵士さん達に『モンスターはじめ』と呼ばれる…
初めてのバトルの儀式を受け…兵士さん達のチンチンで…退治されます
その後、各地域でモンスター業をしながら、集落で暮らします
集落で戴ける食べ物や衣装等は出来高制なので…なるべく沢山の冒険者の方々に抱かれなくてはなりません
そして、お腹が大きくなったモンスターの子がいたら…
兵士達がやってきて『生命の杜』と言われる場所へと連れて行かれるそうなのです…」
勇者「…おかしいよ…こんな事っておかしいに決まってるよ!」
戦士「全くだ…僧侶さん、俺達も共に闘いたいよ!お願いだ!力になりたいんだ!」

183 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 12:13:40.06 ID:D2rSYn1JO
僧侶「お気持ちは嬉しい…しかし、私の貯めた微々たる資金など…
国王の城を攻め落とす為には、全く糞の役に立たぬほどの少額…」
勇者「そんなん関係ないよ!資金額がどうこうじゃない!
…何かを始めないと…すぐに時間は過ぎてしまう…
見たところ、僧侶さんはかなりの(チンポ)回復魔法の使い手…
我々と一緒に、国家転覆を目指す旅に出ませんか!?」
戦士「そうだそうだ、こんな地下でモンスター使って商売してたって、
国軍を倒せるような資金は絶対に集まらないぜ…
今からでも遅くはないさ、何か、動きだそうぜ…!」
僧侶「…私だって、何かしら動き出したい…しかし、この子らを置いては…どうしたらいいものか」
ウエキマ「…僧侶様、僕達がいるじゃないですか」
ネイチャ「そうですそうです、今までだって、モンスター売りの方は俺らが仕切ってたんだから!」
リーデル「全く心配いりませんよ…僕らは僧侶の考えに心酔してますから!ヤー!」
ウエキマ&ネイチャ「ヤー!」
戦士「お、ネイチャにリーデル…久しぶりだなあ」
ネイチャ&リーデル「掴みはOK!」
僧侶「…お前達…じゃあ、この子らの事は任せたぞ…」
ウエキマ「お任せ下さい!」
僧侶「…ただし、つまみ食いはするなよ」
ネイチャ&リーデル「き…きいてないよ~!」
ウエキマ「…訴えてやるっ、パシッ!」
僧侶「1日3人ぐらいにしとけよ」
ダチョーウ軍団「パンッパンッ、さすがは僧侶さま!」
僧侶「…という事だ…さて、地下の『外』との出入り口から、旅に出発しようかな…」

185 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 12:29:27.66 ID:D2rSYn1JO
ロリ巨乳スライム「…僧侶さま…いや、お父様…いってらっしゃいませ…」
ランドセルスライム「…かならず…戻って来てくださいね…」
僧侶「…ああ、必ず、戻って来るからな…じゃあ…3人とも、地下の元締めは頼んだぞ」
ダチョーウ軍団「掴みはOK!ムッシュムラムラ!」

戦士「…僧侶さん、なんで一般の善良な市民達が…あんな酷い生活をしているんだろうな」
僧侶「…それはさっき言ったように、国の政策で、だけど…」
戦士「いや、そうじゃなくて…アイツら、我慢出来きるのかな?って思うんだ」
僧侶「…無知とはそういうものだ…彼らは『それ』が当たり前だと思っている
もしかしたら、彼らは日々の生活や人生に何の不満もないのかも知れないが
ソレはあくまで、国家から『目や耳、鼻や口さえも塞がれた』結果の満足なのではないかな?
…冒険者共と一般市民では、いかんせん得ている情報量の差が違いすぎるのだ
ましてや、何もかもを見て、聞いて、知ってしまった我々と一般市民とでは
持っている知識や世界観が、全く違うものになってしまっている…
もしかしたら…知らない方が幸せなのかも知れんな」
勇者「…いや、彼らには…本当の事を知らせるべきだ!
何も知らないで満足するのと…全てを知らせた上で、彼らが選択するのと…
その差は決定的に違うと思うよ…僕は」
戦士「ああ…しかし、俺達だけじゃ何も出来ないよな…って、僧侶さん、どこに向かってんの?俺達」
僧侶「…先ほどのダチョーウから南へしばらく行った所にある…マジコの町だ」

187 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2008/10/21(火) 12:44:57.37 ID:D2rSYn1JO
勇者「さーて、マジコの町に着いたが…僧侶さん、何か心当たりでも」
僧侶「…何もない…何もないが、手掛かりでもあればと思ってな」
老人「本当なんじゃ!信じてくれ!お前達市民の知っている世界は、カラクリだらけだなんじゃよ…!」
市民1「また、あの嘘つき魔法使い崩れの演説が始まったな」
市民2「ここ最近だよな…前までは普通の冒険者だったのに」
市民3「はいはい、我々がモンスターから産まれ、市民は騙されてる…
よ~~~く、わかった、商売の邪魔だから帰んな!ほらほら」
老人「くすん…誰もワシを信じてくれんの…」
勇者「…ちょっと、そこのおじいさん」
老人「ん?ワシの事かの?」
戦士「さっきの話、興味があるんだけど…」
老人「ひぃぃ、憲兵かの!?逃げるぞい…」
僧侶「違う違う…そうだ、どこか個室の宿屋ででも、さっきのお話の続きを…」

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">