出会い(宿舎編)

Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)

木村家を昼ごろ出た、妻と吉本は、タクシーを拾える所まで歩いた。昨夜の出来事で気まずい雰囲気の中、口を開いたのは、吉本だった。
吉本『奥さん、すいませんでした。つい、酔ってしまって・・・・』妻無言で頷く。
吉本『また、お会いしたら、その時は、楽しくやりたいですね』
妻『吉本さん。お掃除とかお洗濯は、どうなさっているの』と吉本の暮らしぶりを尋ねた。
吉本『一週間分を土曜日にやっていますよ』と半笑いで答えた。
妻『明日、時間がありますので、私がお手伝いしますよ』吉本、呆気にとられて
吉本『滅相も無い。他人の奥様にして頂くなんて』と手を振った。
妻『大丈夫です。主人の宿舎で慣れていますから。折角のご縁ですから遠慮為さらずに』
吉本『そうですか~。じゃあお願いしちゃおうかな?』と満面の笑みを見せる。
妻『住所を教えて下さい。明日行きますから』と住所を教えて貰った。私は、妻が何を思い、吉本の家に行くのか不明だったが、後に、由美子から状況を聞くことができ、納得したのだった。
 日曜日、妻は、約束とおり吉本の家を訪ねた。一戸建てのアパートで、隣の家とも10m位の間隔があり、ゆったりとした家だった。6畳2間でキッチンと風呂付の小洒落た所に住んでいた。
吉本『すいません。お休みの日に。汚い所ですが上がって下さい。』妻は、ハーフコートを着ていたが、上がり込んだ途端に脱いだ。吉本は、目を疑った。ハーフコートの下は、私が好きな大きく胸の開いた黒のキャミソールと薄手のニットのカーディガン、しかもノーブラだったのだ。妻の乳輪は年のわりにピンク色で直径7セン程度でやや大きめだが、乳首が小さくノーブラでも乳首の突起や乳輪は目立たなく、私とショッピングに行く際にも肩が凝ってしまうと言う理由でよくノーブラで出かけたのだった。
しかし、私との外出は、ハーフコートを脱がないが、この日は、脱いでしまったので、妻のIカップの谷間が、20センチ以上露出されており、吉本が勃起してしまうのに時間が掛からなかった。
妻『お洗濯から始めますので』と洗濯機に向かい吉本の服を洗い始めた。
妻『吉本さん。お掃除までやってしまうので、お出かけになったら。』
吉本『いやいや。奥さんに色々やって頂いているのに、私が遊んでいる訳には行きません』と雑誌やゴミを片付け始めた。妻は、掃除もはじめ掃除機がないので、ほうきで床を掃いていると、妻のメーター越えのデカ尻がスカートを通して左右にプリプリ揺れているのが分かったのか、吉本の目は妻のデカ尻に釘付けになっていた。スカートの下の白い紐パンは、透けてはいなかったが、まるで、吉本を誘っているような妻のいでたちだった。深く屈み、ホウキを使っているので、妻の胸は今にもこぼれそうになっており、しかも、ホウキを動かすたびに、ブルンブルンとデカパイが揺れ、それを見た吉本のモノは、勃起の限界点に達していたのだった。3時間程度で掃除も終わり、昼を少し過ぎた頃
吉本『奥さん。お寿司が来ますので、食べていって下さい。』
妻『いえいえ、かえって悪いですわ』と遠慮したが、吉本の勧めで、食べることにした。
吉本『寿司をつまみに少し呑みますか?』
妻『私は結構ですので、吉本さんどうぞ』
吉本『じゃあ遠慮なく』と冷蔵庫からビールとお茶を取り出し、妻にお茶を差し出した。世間話をしていると、吉本に限界がきたのか、下ネタになっていった。
吉本『この間見せて頂いた、奥さんの綺麗な体が忘れられません。ご主人の趣味ですか?』
妻『お恥ずかしい。数年前に、悪ふざけで撮ったのですよ。まさか由美子がもっているなんて』
吉本『そうですか~私も同じでして、別れた妻を良く撮っていましたよ。まあ、それが原因で別れたようなものですけど・・・・』
妻『え~。そうなんですか、でも奥さんも嫌だったのでしょう。私は、主人に綺麗なうちに、お前を残しておきたい なんて騙されたのですいけれど』
吉本『奥さんのような綺麗な体だからですよ。魅力的ですから』
妻『恥ずかしいですわ』とはにかんだ。吉本は、ビールを3本呑み、日本酒を呑みはじめていた。
妻『もうこんな時間?そろそろお暇します。』
吉本『折角きて頂いたのだから、嫌でなければもう少し、ね 少しだけ話ましょう』と妻の手を軽く引いた。妻がよろめき、吉本に寄りかかると妻の胸が吉本の肩にムンズと触れた。吉本は軽く妻を引き寄せキスをした。妻は、嫌がる素振りを見せたが、恋人同士のように口付けを交わした。軽く胸を揉み。
吉本『ノーブラじゃあないですか。奥さん初めからその気だったのですね』妻の胸を露にして
妻『違います。あんっ、掃除したりすると肩が凝るから外して来ただけです。』と目を瞑り答えた。
吉本『昨夜の私のが忘れられなかったのでしょう?嫌らしい胸して。』妻は、無言
吉本『由美子さんの言うとおり、Mなんですか?私のが欲しいのですか?』妻は無言でデカパイを揉まれている。吉本は、スカートも脱がせ、紐パン一枚にした。
吉本『パンティーもいやらしい。私に抱かれたいのですね?さあ、自分の口で言って』と妻のデカ尻を軽く叩いた。妻は、答えない。吉本は自らも服を脱ぎ捨てチンポを出した。
吉本『奥さん、食べたいのでしょう。いいですよ』とチンポを突き出した。妻は、うっとりして咥え頭を上下に振り出した。吉本は、タンスからデジタルムービーカメラを取り出して撮影しだした。
妻『ふごっ、何しているの』
吉本『奥さんの好きな撮影だよ』
妻『駄目、やめて。写さないで』と言った。
吉本『わかった。じゃあ、私のも仕舞ってしまおう』とパンツを履き出した。妻が、パンツを履こうとした手を掴み止めた。
吉本『駄目駄目、私の趣味を奪って、奥さんだけ気持ち良くなろうとしても。撮影しても良いですか?』と妻に尋ねた、妻は無言で頷いた。吉本が再びチンポを取り出すと、妻は速やかに咥え込んだ。
妻『大きい、大きいわ』と激しく頭を振り、口を目いっぱい広げて頬張る。
吉本『奥さん、昨夜と同じくシックスナインになって』と妻を移動させ、妻の秘部をアップで撮影した。妻の秘部を弄り、妻が濡れていく様を録画して興奮しているのであろう。
吉本『奥さん、挿れて欲しい?』
妻『ふんぐっふんぐっ』と頷く。
吉本『ゴムないよ』妻チンポから口を離し
妻『お願い、買って来ますから着けて下さい。』
吉本『面倒だから辞めましょうか』と意地悪るく言うと、妻は少し考え吉本の上に跨り腰を沈めた。
吉本『OKですね。いいのですね』頷く妻。吉本録画しながら、片手で妻の胸を揉み
吉本『もっと、激しく。おっぱい揺らして』と右の胸を叩いた。妻は、激しく腰と胸を振り悶えた。
吉本『いやらしい体だ。ムチムチしておっぱいはデカいし、尻もデカい』と下から突き上げるように腰を振り、妻を一回イカせた。
吉本『奥さん、今度は、四つん這いになって』と妻をバックから突いた。カメラを上からデカ尻を撮り、横からデカパイの揺れる様を撮り、色々なアングルから撮っていた。
吉本『私も一回イキますよ。どこに出すか言って』妻無言。更に激しく突かれ
妻『どこでもいいからちょうだい』とデカ尻を吉本の腹に押し付けた。
吉本『うっうっ』と尻を引き締め中に出した。数分入れっぱなしで、余韻を楽しみ。
吉本『奥さん、お掃除』とチンポを突き出し、お掃除フェラをさせた。その最中も録画して一種のハメ撮りが完成した。
吉本『デッカイおっぱいとムチムチの尻、おまけにMとくれば、最高だよ奥さん。旦那がいない間は、私が慰めてあげるから、いつでも来なさいね』妻はまだしゃぶっている。
この日、3回のSEXを夜までして二人は、別れていったが、ここからが妻の痴態と吉本の変態っぷりの始まりであった。そんな事とは、知らずのん気にパチンコしていた私であった。

野外編に続く・・・・・

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">