女だらけのレクレーション(10)

Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)

沙希と千夏が‘パンツ投げ’と称する遊び(罰ゲーム)が、優子ちゃんを含めた三人で始まった。
三人が投げる自分のパンツを、全裸フルチンの健太君が、走ったりジャンプしたりしながら取りに行くのだ。
それも、大勢のお母さんや女の子が見ている前で。
「健太~、ほらこっちだよ~、ハイッ千夏」
「キャハハハ、任せろ、ほらほら~、ハイッ優子ちゃん」
「キャーー、ハイッ沙希ちゃん」
と、三人は、健太君がパンツを取りに近づくと誰かにパスするといった事を繰り返す。
三人とも実に楽しそうな顔で。
お母さんや女の子達も、大爆笑しながらその様子を見ていた。
「いや~ん、おちんちんブラブラ~」
「アハハハ、ホント揺れてる揺れてる~」
「いや、揺れてると言うより飛び跳ねてるって感じじゃない、キャハハハ」
「ほら優子、もっと高く投げないと取られちゃうわよ」  「分かってるって」
と、好き放題言いながら。
それでもめげずに、パンツを取りに行く健太君。
しかし無情にも、必死に走り回る健太君の頭上を、白ブリーフが宙に舞う。
おチンチンに容赦無く突き刺さる、お母さんや女の子達のこれでもかと言う視線を感じながら。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">