激ぽちゃ高学年女子の妹2

Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)

妹の唇はポッテリしていて肉厚だ。

密着した妹の顔を見ると、目をつむっている。

ほっぺのうっすらとしたうぶ毛さえ見える。

思い切って舌を差し込んでみた。

歯を閉じてガードしている。

それでも舌に力を入れてこじ開けて舌を差し込むと

観念して僕の舌を受け入れた。

妹の舌は熱かった。

しかもものすごく柔らかい!

たまらず、舌を強く吸い込んだ。

妹がくぐもった声を漏らした。。。

きっと舌の根元が痛かったんだと思う。

慌てて優しく舌を舐めてやった。

同時に年のわりにとても大きいおっぱいを服の上から揉んだ。

たまらず、服の中に手を入れてブラもずらして

生のおっぱいを触ってしまった!

もう、頭の中は真っ白だった。

服を捲り上げて、

唇からはなれて

おっぱいを見た。

白い肌の乳房。

大きめの乳輪。

乳輪の色は少し濃い目のピンク色。

乳首はさきっちょが陥没している!

もう。。。たまらずむしゃぶりついてしまった。。。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">