寝言で知った妻の浮気

Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)

結婚18年を迎える夫婦。私42歳、妻39歳
子供も高校生になり会話も減った今日この頃。
妻との夜の営みも、何時からしていないのか?
それすら忘れ様としていました。

最近・・・って言うか何時からか?妻は若くなった気がします。
服装も以前はパンツ姿が多かったのに今はスカートで居る事が
多く、化粧もちょっと派手になったかなぁ?
数年前からパートで働く様になり、接客と言う仕事柄、身だしなみに
気をつけている・・・そう感じていました。
日常会話も昔から変わっていない気がするし、特に夫婦仲が悪い
訳でもない。
息子の事や仕事での出来事、TVを見ながらのくだらない会話と
何一つ昔と変わっていないと私は思っていたんです。

ある日の夜、妻が”今日は疲れたから先寝るね”と言いベットに
横になった。(私達は今も大きなベットに2人で寝ている)
酒を飲みながらTVを見ていると、もう12時をを過ぎていました。
そろそろ寝るか?そう思って寝室へ向かって妻の寝るベットの
横にそっと入ろうとした瞬間!
  『あ~ん・・・フニャフニャ・・・フゥ~』
突然の妻の声に驚きました。
よく聞けば寝言を言っている様です。
  ”なんだよ!脅かすなよ”
そう独り言を言いながら布団に入ると、また妻が寝言を言い始めたんです。
しかも何だかハッキリとした口調で聞き覚えの無い名前!
  『ん~アツシさん・・・・もう』
アツシ?って誰だ?しかも何とも甘える感じの妻の言葉。
その後、寝言も無くちょっと気になりつつも気のせいだと思い寝付いたんです。

数日が過ぎた夜、その日も妻が先に布団に入ったんです。
1時間程過ぎてから私もベットに向かうと、今日も寝言を言う妻。
ちょっと面白そうだな?と思い聞いてみる事にしたんです。
  『もう!今度はどこ行く?・・・・・・もうエッチな・・・・』
所々が意味不明!でも誰かと出かけている様な感じなのは確かだった。
  『あぁ~イジワル・・・・・・・気持ちイ・・・・・』
何だ?こいつエッチな夢見てるのか?
  『もっと・・・・しばっ・・・・』
どういう夢なんだ?
  『アツシ・・・・・』
やっぱり男とエッチしている夢だ!アツシって・・・浮気?
妻の浮気を疑いました。
そっと起きて妻の携帯を確認すると、アツシと言う男とメールのやり取りが
あり、内容を見ると明らかに肉体関係が成立している事が判明した。
アツシと言う男性の住所録には会社って記載がありパート先の知り合いだと
分かりました。こっそり電話番号をメモって、その場は寝る事にしたんです。

週末、息子も友人宅に泊まりに行ったので、妻に直球勝負を挑んだんです。
  『なぁ!アツシって誰?』
  『えっ・・・・』   凍りつく妻の表情!
  『浮気とか、してないよな?』
  『する訳無いでしょ!』
  『ん~じゃアツシ君に聞いてみようか?』
  『えっ…どういう事?』
  『お前、毎晩寝言でアツシ・・・素敵・・・抱いてって言ってるんだぞ』
  『嘘!そんな人知らないし・・・』
  『じゃ、携帯見せろ』
  『ヤヨ!何で見せなきゃいけないの?』
  『もう、全部知ってるんだよ』
その言葉に妻も諦めたのか?突然の土下座と謝罪の”ごめんなさい”
取りあえず全ての出来事を聞くと、やっぱり浮気でした。
アツシはパート先のアルバイト学生(21歳)。
息子とあまり変わらない年頃。
初めは飯を一緒に食う仲になり、相談に載りながら彼のアパートへ・・・
そこで唇を奪われると同時に肉体関係になったそうだ。。
その後、週に1回程度で彼のアパートで一緒の時間を過ごしていたらしい。
彼は若く、一度では満足出来ないから3回は抜かされ、妻もそれ以上に
逝かされ、やがて彼の趣味で縛ったり・道具攻めにあったりした様だ。
後ろめたい気持ちもあった様だが、彼の攻めに身体が離れられなくなり
彼の行為にドンドン入り込んでしまったと言う。

妻はもう彼のアパートに行く事はしないし、彼とも別れると約束したので
今回は目を瞑る事にしました。
翌日、私は仕事を抜け出しアツシと言う男性がどんな男なのか?見に行くと
彼はイケメンで高身長!妻に何も聞いていないのか?特に変わった様子も
無かった。早い時間に彼が仕事を終え駅の方へ歩いて行ったので後を付けた。
やがて駅前で彼は若い女性と待ち合わせをしていたのか?2人は手を繋ぎ
電車に乗って消えました。

妻は、暇潰しのSEX相手だったんでしょうね!

その事がキッカケで妻との夜の営みも復活しました。
彼の影響で妻は凄く積極的で手足を縛ると異常に燃えあがります。
そんな妻をバックから犯しながら彼とのSEXを聞くと色々話してくれました。
妻は、彼の呼んだ友人数人と乱交も経験した様で、アナルまで差し込まれた様です。
そんな事を聞かされた私は、嫉妬とヤキモチから妻のアナルに肉棒を差し込んで
みました。初めて味わうアナルの締め付けに直ぐに果ててしまう私です。

まぁ、寝取られてしまったのは悔しいですが、妻が他人棒を咥え込んでいる姿を
想像し、興奮を覚えながら彼にもう少し調教して貰う事も考えてしまう馬鹿な私です。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">