忘れられない思い出

Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)

僕には付き合っている子がいます
小学6年どうしなんですが、Aはとてもエロいです
メールでも「●●のち●こ画像送って」とか送られてくる仲です


ある日帰り際に
「ちょっと来て」と言われなんだろうなと思いつつも行きました
そうすると
「Hしよう」と言われてびっくりしました
その隙をついてAは僕のズボンとパンツを脱がせました
「ちょ、お前・・・」
「いいじゃん。ね、お願い!」
僕は頼まれたら断れないたちなのでOKしました


「ふーん、これがち○こか・・・」
といいながらAはぼくのをしごいてきました
見る見るうちに大きくなった僕のあれをAはしゃぶり始めました
「きたないよぉ~」
「いいのよ別に」
と行ってる間にぼくのあれから精液が出ました
「うわ、マズっ」
「大丈夫?」
「大丈夫。だからつぎはわたしのをなめて」
と言われて、彼女は脱ぎ始めました
「どう?私の裸。胸もあるのよ」
と言ってAは僕の手を取り胸に当てました
(あ、柔らか・・・)
と僕は思いました
そしてその手をまたに持って行きました
「いじって」
「う・・・うん」
いじり始めるとAは
「んっ・・・はぁはぁ」
と言い始めていました
「もういい・・・入れて」
と言われ
「どこに?」
「私のここに」
と言ってじぶんのま○こを指で広げました
「う、うん」
と言って僕は入れました。とてもあったかくて気持ち良かったです
入れ始めるとAは
「ん・・いたっ・・」
と言っていたので
「抜こうか?」
「いい・・・つづけてぇ」
と言って僕は腰を振り続けました
Aは
「あん、そんなとこぉ・・・」
といってました
「出ちゃうよぉ」
「いいよ出しても」
と言ったので僕はAの中に出しました
「はぁはぁはぁ」
「あぁ・・あったかい・・・」
「大丈夫?」
「うん、生理じゃないし」
「???」
「このことないしょだよ」
「うん」
と言って僕たちは帰りました


そして中学になった今でも、Aとはこういう中です
さすがに今はコンドームをつけています

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">