女子生徒に虐められる教師

Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)

孝介は女子高校の教師をしている。
新婚ホヤホヤで昨日も奥さんと燃える夜を過ごして
とても満足していた。
今日もいつも通り教室に入ったが、いつもと何だか様子が違う。
何だ?どうしたんだ?と問う孝介。
先生!一人の生徒が手を挙げた。
私たち全員で相談した結果決めました。
先生のおちんちんが見たいです!
え?何言ってんだ。孝介は冗談ぽく流そうとしたが
冗談じゃないですよ。全員一致の意見なんです。
そんなの冗談に決まってるだろ。早く座れ。
嫌です。全員が前に集まってきた。
な、何だ?ズボン脱がしてください。何だと?
全員で孝介のネクタイを外し、シャツを脱がす。
ベルトに手をかけズボンを下ろした。
うわあ~!大きい。孝介のモノは本当に大きい。
みんなこれを触りたかったのだ。
先生おちんちん大きいね。みんなで触ろう!
みんながなでたりつまんだりしてくる。
当の孝介は必死だ。
みんな、やめてくれ!お願いだからやめてくれ!
嫌です。やめませんよ。だって先生のおちんちんは私たちの
モノだもの。違う!俺のチンチンは俺の奥さんのモノだ!
みんなやめるどころか、パンツをおろし、生で触ってくる。
おちんちんとお尻を触られ、我慢ができなくなり、
ついに精射してしまった。
うわあ~!すごいな。先生やっぱりすごいよ。
ホントにやめてくれ!孝介は涙を流しながら訴えた。
先生、ごめんね。あたしたちどうしても先生のデカチンを
触りたかったんだ。悪く思わないでね。
お、お前ら、覚えてろよ!孝介は自分の服を着る元気もなくズボンを
つかんだまま教室を出ていった。

その後、孝介は女子生徒が怖くなって教師をやめてしまったらしい。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">