新車(処女)だと思っていたのに中古だった妻・改訂改訂版

Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)

私は35歳、妻の里香は34歳。子供が一人いて、10歳になります。 

私の顔は60点ぐらいでしょうか。男性器も13cm位の普通サイズです。 

どこにでもいるサラリーマンですが、仕事は真面目で課では一番早く係長になれました。
妻里香はとびきり美人というわけでなく、まあ70点というところです。
勤務先の別の課で妻と知り合い、結婚しました。
結婚して12年目。妻とは今まで何事も無く普通に生活して来ました。 

ところが先日、妻が3面鏡の引き出しに隠していた秘密のビデオテープを見つけたのです。
私はそれを見て怒りと妙な興奮が同時に込み上げてしまいました…

1.結婚するまでは処女でいたい

これは私と里香が結婚する前の話です。
当時の私は女性経験が一度も無く、セックスは本やビデオでの知識のみでした。
風俗は高くてとても行けませんでした。 
私は車が好きなんですが、中古車は買ったことがありません。
新車だけです。 
時代遅れかもしれませんが、結婚するなら新車…所謂処女の女性と決めていました。
処女じゃ無い女は中古車のような気がするんです。 

里香にその話をしたときに、里香も性に関しては真面目で男性経験がいちども無いと言ったので、私は処女と交際できることで有頂天になっていました。

私と里香はセックスは愛撫までで止めていました。里香がある占い師に私との相性を見て貰ったときに、「彼氏と幸せに成る為には結婚するまでは純潔を守る事が大切です。」と言われたらしいのです。
とはいうものの若かった私にそんな我慢ができるわけがありません。

私はどうしても里香の未開の膣に人生初のペニスを挿入したい衝動に駆られ、和歌山県の白浜アドベンチャーワールドに行き、一泊する計画をたてました。 
私もそれまで里香に嫌われたくない一心で挿入を我慢していました。
一泊旅行が決まっていよいよその日が来ました。私は旅行中里香の処女を奪う妄想で頭がいっぱいで、白浜アドベンチャーワールドの動物やアトラクションの事などは上の空でした。

宿でゆっくりした後、ふたつ並べられた布団の隣に寝る里香のはだけた浴衣からのぞく白い乳房のふくらみを見て興奮し、私のペニスはギンギンに硬くなっています。
私は里香のおとがいをつかみ、なかば強引に口の中に舌を入れました。
里香はキスで興奮したのか、自ら浴衣の襟を開き白い乳房をつかみ出します。
はじめての一泊旅行ということもあって、大胆になっていたそうです。
里香の乳輪は淡いピンクで、いかにも処女らしい初々しさがあります。
私は里香の乳輪の粒を数えられるぐらい時間をかけて舐めました。
里香の乳首が勃起して硬くなっています。たっぷり乳房を愛撫したあと私は全裸になってペニスを里香の顔の前に見せつけました。フェラは少しだけして貰いましたが凄く嫌がりました。 
私が里香の陰部を指で触ろうとすると汚いからと拒否されました。
「里香、どうして触らせてくれないの?」 
「おしっこ出る所だから汚いでしょ・・・」 
お前を愛してるから好きだから汚くなんかない。触ったり舐めたりしたいんだよ。と言うと
舐められるのは嫌だけど、指で触るんだったらと、指を挿入させてくれました。
その後も「里香好きだよ。愛してるよ。」と言いながら何とか挿入の承諾を得たのですが、緊張のせいか完全に勃起しません。 
「…痛い…痛い…無理なの…まだ婚約していないし我慢して…」
里香は凄く痛がり、私は焦りました… 
粘液でびっしょり濡れた里香の若い膣口に硬くなりきらない亀頭をあてがい、1cm程挿入しただけで私は射精してしまいました。
結局血も見ることなく里香の処女は貰えずに一泊旅行は終わってしまったのです。
帰りの新幹線の中でお互い気まずい空気が流れていたのを思い出します。 
そして占い師が言うように結婚するまでは愛撫で我慢すると里香に約束してしまったのです。

つづく・・・

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">