Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)

僕が4つ上の姉と初めてセックスしたのは中3の夏休みだった。
僕の家は夫婦共稼ぎで、母がスーパーのパートから戻ってくるまで、
女子大生の姉と僕は二人だけだった。
姉は勉強が良く出来たので、頭が悪い僕の受験勉強を手伝ってくれた。
その日も僕は姉から英語を教えてもらった。
姉は半袖のブラウスにミニスカートを着ていた。
ブラウスの一番上のボタンが外れていて、
前屈みになった姉の胸元が見えた。凄く暑い日で姉はDカップでノーブラだった。
僕はブラウスから覗く白い乳房に目がくぎ付けになり、ペニスが勃起した。
姉は色白で、可愛い顔をしていたので、合コンで知り合った男からよく電話が掛かってきた。
実は中1の頃から僕は姉をオカズにマスを掻いていた。

僕はいつの間にか姉の胸に夢中になり、勉強が上の空になっていた。
すると、姉がそれに気付き、僕のおでこを小突いた。
「淳、何見てるの、ちゃんと勉強しなさい」
「うん、でも姉ちゃんの胸がさ…」
「ウブね、このくらいでドキドキして」
「チェッ、姉ちゃんだってまだバージンだろ」
「へへへ、バーカ、もう経験済みよ」
「えっ、ホント、ショックだよー」
「ウフフ、淳はまだ童貞だよね」

「ねえ、姉ちゃん、教えてくれよ、セックスを、ねえ、ねえ」
「バーカ、弟とできるわけないでしょ」
「ねえ、お願いだよー、あれ使うからさ、僕、ある場所知ってんだ」
「知ってるって、何の?」
僕は部屋を飛び出し、一階の親の寝室に行き、洋服ダンスの一番下の引き出しを開けた。
奥にコンドームの箱があり、そこから一袋取り出した。
それは裏ビデオとか探した時に見つけた物だった。
急いで部屋に戻った僕は姉にそれを見せた。
「姉ちゃん、これすれば大丈夫だろ、先輩が言ってた」
「うーん、そうだけどね」

姉が困った顔をしたので、僕はチャンスだと思った。
急いでジーパンを脱ぎ、それからパンツも脱いで、下半身裸になった。
僕のペニスは大きくなっていた。姉は僕のモノをまじまじと見詰めた。
やっぱ、姉は処女じゃないんだと僕にもわかった。
「淳、あんた、結構大きいのね」
姉が手を伸ばして、僕のペニスに触った。
すると、ペニスがむっくりと頭を持ち上げた。
姉の白い指がスーッとペニスを撫ぜた。
「姉ちゃん、一回だけでいいよ、教えてくれるだけで」
「あああ、バカな弟を持ったものね、じゃあ、本当に一回だけよ」

僕はコンドームを袋から出してペニスに着けたが、初めてなので手間取った。
「姉ちゃん、これでいいの」
「まあね」
姉は溜息を吐いて、服を脱ぎ始めた。僕もTシャツを脱いで全裸になった。
裸になった姉は僕のベッドに横になった。
白い裸体に美しい乳房、そして可愛らしいピンクの乳首が立っていた。
僕は思わずベッドに上がり、姉の乳首にむしゃぶりついた。
「噛んじゃダメよ、優しく舐めて…ああ、そう、そうよ」
僕は姉の乳首を舐め回しながら、両手で乳房を揉んだ。
すると、姉は両手を僕の背中に回して喘ぎ声を上げた。
初めて聞く姉の艶かしい声に僕は物凄く興奮した。

「ねえ、淳、下の方も触って」
姉は僕の手を取ると、胸から離して股間の方に導いた。
薄い恥毛の感触がして、更に下に行くと、柔かくて熱い粘膜があった。
僕は指先で姉の秘所を撫ぜ回した。そこはもうぐっしょりと濡れていた。
姉は喘ぎながら、僕のペニスを求めた。
「さあ、もう入れて…」
僕は上半身を起こして、姉の両足を開いた。
そして、怒張したペニスを割れ目に当てようとした。
でも、童貞の僕は場所がよくわからず、一瞬、戸惑った。
すると、姉の手が伸びて、ペニスを掴んで、そこに宛がった。

「ここよ、淳、さあ来て」
僕はペニスを押し込んだ。肉をこじ開けるような感じだった。
その時、姉がうめき声を上げた。
僕は姉の体が壊れるんじゃないかと躊躇った。
「いいの、そのまま、奥に進んで」
姉に励まされて、僕はペニスを押し進めた。膣内は熱く、濡れていた。
姉のよがり声が次第に高くなっていった。
ペニスを押し包む秘肉の感触は柔かく、初めての快感に僕は痺れた。
「あああ、姉ちゃん、気持ちいいよー」
僕は思わず叫んだ。姉の秘肉がペニスを締め付けた。
膨張しきったペニスは肉壁に熱く抱擁されて、危うく射精しそうになった。
姉が僕の背中を叩いた。

「淳、腰を動かすの」
「うん、姉ちゃん、わかった」
僕は腰を振って、姉の膣の中でペニスを前後に動かした。
動く度に纏わりつく肉襞の柔かく暖かい感触が心地好かった。
ペニスの動きを速めるにつれて、快感は倍増していった。
「ね、姉ちゃん!もうダメだ、僕、でるー」
「ダメよ、淳、まだダメ」
姉はそう叫んで止めたが、僕はもう我慢できず、遂に射精してしまった。
一旦噴出した後も、ペニスからはドクドクと精子が流れ出た。
「バカ!早過ぎるわ、やり直しよ」

姉に急かされて、僕はまた寝室からコンドームを取ってきた。
射精したばかりのペニスは萎えていたので、姉は手で扱いた。
でも、まだ勃起しない。
「もう、しょうがないわね」
姉はそう言うと、ペニスを咥えた。僕はビックリして、ペニスも硬くなった。
すると、姉はそれを丁寧に舌で舐め回した。姉の口の中でペニスは復活した。
「じゃあ、今度はしっかりね。淳」
姉はペニスを口から離した。僕はコンドームを着けて、二度目の挿入をした。
今回は持続時間も長くなり、姉は甲高いよがり声を上げて、3回もいった。
「淳、結構よかったわよ」

こうして、僕は姉によって初体験を済ました。
僕は姉との約束でこれだけにしようと思った。
翌日、朝寝坊して、一階に下りると、親はもう出掛けていた。
居間でワンピースを着た姉がテレビを見ていた。
「姉ちゃん、おはよう」
「淳、相変わらず寝坊ね」
姉はソファーの上に乗って、膝を少し曲げていた。
ワンピースの裾が下がって、白い太腿が現れていた。
それを横目で見ている内に、僕は次第に欲情してきた。
パジャマの中ではペニスが朝立ちしていた。
「姉ちゃん、もう一回しよう」

そう言うと、僕はソファーに上がって、姉を抱き締めた。
「バカ、一回だけの約束でしょ」
姉の柔かい身体が僕の両手の中で震えた。
僕がワンピースの上から乳房を揉むと、姉は喘ぎ声を上げた。
「姉ちゃんだって感じてるんだろ」
僕はワンピースの裾を捲り、パンティに手を入れて秘所を撫ぜ回した。
「ああ、もうしょうがない子ね」
やがて、秘所が濡れ始めた。僕はパンティを引き摺り下ろした。
「淳、ゴム着けて」
姉にそう言われて、逆に僕は生でしたくなった。
パジャマからペニスを掴み出すと、そのまま割れ目に挿入した。

「淳、生はダメだって」
「あっ、ごめん、でもこっちの方がイイよ」
ゴム越しとは全く違って、生の肉襞の感触は最高だった。
姉の濡れて生暖かい膣をペニスで実感して、僕は異様に興奮した。
「中で出しちゃダメよ、妊娠したら大変でしょ」
「うん、わかった、姉ちゃん、外で出すよ」
僕はペニスの往復運動を始め、姉のよがり声が部屋中に響いた。
「あああ、淳、イイ、イイ」
僕は姉の体を反転させて、後背位で犯した。
ワンピースが腰まで下がり、白くて丸い尻が現れた。

ソファーで服を着たままの姉を犯すのはレイプのようだった。
僕がペニスで突く度に、姉は髪を振り乱して悶え狂った。
「あっ、ああ、淳、もっと、もっと」
姉の膣の中でペニスが急膨張して、限界に近付いた。
「姉ちゃん、もう出るよー」
「抜いて、抜くのよ」
僕は慌てて膣からペニスを引き抜いた。
その瞬間、ペニスから精液が飛び散り、姉の尻に掛かった。
「キャッ、淳、どこに掛けるのよ」
「ご、ごめん」
僕はティッシュを取ってきて、姉の尻を拭いた。

「でも、良かったわ、淳」
姉はうれしそうに僕を見詰めると、キスしてくれた。
「姉ちゃん、お腹すいたよ」
「じゃあ、何か作ってあげるわ」
午後、コンドームを一箱買ってきて、親のベッドで姉と嵌め捲った。
「淳、今度は私が上になるわ」
姉は僕の上に跨って尻を振り、僕は乳房を揉みながら、腰を突き上げた。
翌年、僕は高校に進み、高校時代は親の目を盗んで姉とやり捲った。
高校を卒業した僕は東京の大学に入り、姉も東京の会社に就職した。
上京した僕達はマンションを借りて、二人で暮らしている。
田舎の親は仲の良い姉弟と思っているが、今では夫婦同然だw

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">