同居の姉

Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)

僕(19歳)は東京の安いマンションに姉と2人で生活している。
僕たちの実家は岩手県の片田舎で、姉佐織(25歳)は高校卒業後地元では働き口が無く、東京に出て就職した。
最初に就職した中小企業が倒産し、姉は仕方なくとりあえず、夜の仕事にでる事になった。 夜の仕事と言っても身体を売るような仕事ではなく、割と品のよいクラブに勤めている。 僕が高校を卒業して、東京の大学に進学した時、金銭的な理由で姉のマンションに同居させてもらう事になった。
実家は、農業だがそれまで兼業でパートをしていた父がリストラされ、収入が大幅に減って僕はバイトして授業料を払わなければならなくなった。 当然、マンションの家賃、水道光熱費は姉が払っていて、僕は居候の身分だ。
姉と一緒に生活してみて解った事、それは姉は意外と天然無防備だという事だ。
もっとも、僕が年の離れた実の弟だから警戒してないのかもしれないが。
家の中では、結構色っぽい格好をしている。
僕が居るのに、平気で着替えをするし。風呂から出て、タオル一枚の格好や下着だけの格好で、ダイニングでそのまま酒を飲んだりしている。 パンティー一枚で居る事もある。-
いままで姉を女として意識していなかったが、一緒に住むようになりさすがに肉親の僕でも客観的にその姿をみたら女を感じて、僕の中心がむくむくして勃起してしまう事がある。
素っ裸にランニングシャツだけ着て、洗濯をしてそのままベランダに洗濯物をほす事がよくある。
「おいっ、姉貴~外から見えるぞ・・」と注意するが
「ちゃんと着てるじゃない」
「ちゃんとじゃないでしょ・・横からおっぱいが丸見えだし、下の道路から見上げたらパンツも穿いてないんだから見えちゃうじゃない」というと
「下、だれも居ないじゃん、それともおまえ見てるのか?」
「そんな事ないよ、部屋からじゃ見えないし」・じつは姉が前屈みにしゃがんだ時にはあそこが丸見えなんだけど、
「じゃあ・・良いじゃない・・」
「でも、洗濯もの、姉貴の下着を外に干しちゃまずいんじゃない?」
「だれも見てないわよ」・・・実は、よく下の道を通る男達が姉の干してある下着を立ち止まって眺めてる事がよくあるのだ。
姉は夕ご飯を毎日作ってくれるのだが、いつも風呂から上がったばかりだから、いわゆる裸エプロン姿だ。
パンツくらいは穿いているが乳房丸出しで、僕じゃなければ襲われている筈だ。
 マンションは2DKで六畳の部屋が二間と台所と四畳半くらいのダイニングキッチンと呼べるかどうか位の狭いダイニングで六畳の部屋二つはふすまで仕切られているだけでそれぞれ僕と姉が使っている。
風呂はユニットバスでトイレと一緒だ。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">