成功報酬は奥様の身体で・・・(1)

Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)

某有名私立中学の入試結果が出た。 受験番号3111、それは俺のバイト先の教え子の受験番号だ。
ユウジという小6の大人しい子だ。ユウジの父親は裕福な歯科医師で、母親は女優の余貴美子に似た
美人の奥さんだ。俺が家庭教師のバイトを始めて間もない頃にこの家を紹介されて、早2年。
苦労が実り、合格発表を迎えたこの日は俺にもユウジにもまた、ご両親にも最高の日となった。
「スズエくん、この前の話なんだが・・・」、ユウジの父親のテルキさんが身を乗り出してきた・・・。
俺はスズエアキラ、もちろん仮名。某国大の3年で、家庭教師のバイトをしている。
ノダテルキ、ハルコ夫妻(もちろんこれも仮名)の子、ユウジの担当になって2年になる。
父親のテルキさんとは趣味のルアーフィッシングで意気投合して、何回かはプライベートでも釣りに出かけるほど馬の合う真柄だ。奥さんのハルコさんは物静かな女性で、はじめてみた時は女優の余貴美子かと見まがうほどの美人だ。趣味でクラッシックバレエをしているため、プロポーションもいい。
もちろん、俺もただの男だからハルコさんをオナペットにして何度と無くオナニーに興じた。
ハルコさんはどんなパンティをはいているのかとか、あの口で旦那さんのペニスを咥えているのかと妄想する度に激しい性欲がこみ上げて、右手が高速度で上下してしまう夜が幾たびもあった。
ネットで余貴美子の画像をプリントアウトしては、その画像に白濁液を飛ばし、ハルコさんとのセックスを妄想していたのだが、テルキさんと泊りがけで某湖にバス釣りに出かけた夜のことだった。
温泉に二人して入り、その日の釣果を嬉々として話していた間隙を縫うようにテルキさんがこんなことを言い出した。 「スズエ君、女はいける口か?」「えっ!?」「女遊びだよ、どう?」「まあ、そこそこにすきですよ。」「いやね、家のユウジの成績もかなりアップしたし、妻も喜んでてね。」「はあ・・・」「妻もすっかりスズエくんが気に入ったようなんだよ。」「はははっ、照れますね。」「妻のこと、どう思う?」「美人だと思いますよ。」「女としてはどう?」「えっ!?」「なかなかいいにくいんだが、スズエ君も成人過ぎたからわかるだろ?」「何がです?」「まあ、プレイと言うか何と言うか、早い話が妻を一緒に抱いて欲しいんだよ。」「えっ!まじですか!?」「まあ、スズエ君さえよければだけど、バイトの成功報酬の一部として。」「いや、でもまずいですよ。」「妻もスズエ君ならイイといっているし。」「でもやっぱ・・・」
俺が煮え切らないでいるとテルキさんは近くに来てこう囁いた。
「妻のテクニックはなかなかだぞ、バレエで鍛えた柔らかい身体はたまらないぞ。」、テルキさんのこの言葉に俺のペニスが反応してしまった。
「おっ!起ってきたな!なかなか、いいもん持っているし、妻に咥えられて逝きたくないか?」「奥さんとしていいんですか、マジで?」「もちろんだよ!」、高まる興奮と温泉の熱さで目眩がしてきたのを覚えた。
温泉から出たあとは、部屋でテルキさんがハルコさんとのセックスの様子を聞かせてくれた。
お互い酒が入っていたので、かなり露骨な表現でセックスの詳細が話された。
俺も調子に乗ってしまい、ハルコさんをネタにオナニーしている事を話すと「待っていました!」とばかりにテルキさんはオナニーの詳細を聞いてきた。
ハルコさんのスカートからのぞく美脚を見ては興奮したことやパンティを妄想したこと、口元を見て興奮したことなど、かいつまんで話したのだが、その話を聞いている最中のテルキさんの目はギラギラしたオスの目だった。
とりあえず、その夜はハルコさんをネタに気分も股間もおおいに盛り上がり、ユウジの合格発表後にプレイしようと言う事に落ち着き、その夜はお開きにした。
数日後、テルキさんから郵送された小包が届いた。いぶかしがって中を見るとハルコさんの写真数枚とブラジャー、パンティ、パンストが入っていた。
手紙もあり、内容は「ハルコの写真と下着類で予定日までは楽しんでくれ。」とあった。
写真はハルコさんのレオタード姿と送られてきた下着類を身に着けた写真だった。
理性は吹き飛び、急ぎ全裸になった俺は、送られてきたブラジャーを着け、パンティとパンストに足を通した。
パンティとパンストが下半身を淫靡に締め付け、反応したペニスはパンティから亀頭を出し、カウパーがパンストに染みを作ってしまうほどだった。
「ああっ!ハルコっっ!!」、右手はパンストの上からペニスを弄り、左手で写真を持ち、奥さんの画像を凝視しながら身悶えしてしまった。
送られてきた下着からは洗剤のほのかな香りがしているので、この写真撮影後に洗ったのであろう事がわかった。
「ああっ!!したい!したい!したい!ハルコとセックスしたいっっ!!」、アパートの6畳間で教え子の母親の下着を身に付け、激しく自慰に興じている家庭教師の痴態をどう表現したらいいのか・・・。
えびぞり、送られた写真に舌を這わせながら、パンストを引き裂かんばかりに引っ張り上げ、ペニスをパンティでいたぶるオナニーに失神しそうな快感すら覚えた。
「あと5日!5日後にはハルコと!」「おおおおっっっ!!! ハルコぉぉおおおお!!!!」
熱いほとばしりがパンティとパンストを貫き出てきた瞬間、気持ちよさのあまりに暫時気を失ったようだった。
寒い部屋の室温に体内から放出された精液と汗ばんだ身体から湯気が出ていた。
5日後の合格発表日が待ち遠しい・・・。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">