駐車場で4

Loadingあとで読む   0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 人)

そして、また美香の服の下から手を入れ、キスをしながら揉んだ。ほんと、思ってた通り柔らかくて、気持ちよかった。唇を離すと「もうやめよう?」と言ってきた。「やめたら、美香ちゃんが、後輩のとこにもどってしまうから嫌だ」美香「やめてくれたら、わすれるから」私「とにかく自分のものにしたい」美香「駄目だっ・・んっ」また、キスをした。そして、上着を捲り乳首に吸い付いた。美香「あん・・だめ・あん」美香は敏感みたいで、こんなことをしているのに、自分の彼女のようだった。どの位乳首を舐めたのだろう。美香の携帯がなっていたが、構わず単パンを脱がし、座席にもたれかかせたまま挿入した。今度は、あせらず腰を振った。「あ・・あん」動きを早くすると「や・あ・・あーっ」逝ったようだ。また、ピストンを始めた「あん。あん・・お願い・あっ・・やめっ」私は構わず動かした。美香が三回逝ったころには、美香に、力は抜けていた。ハァハァと息を切らしている美香に「気持ちいい?」と聞くと「・・・」ハァハァ言って返事がないので、またピストンを始めた「あん・あん」と言い始めたので、動きをとめて、「気持ちいい?」と聞くと「き・気持ちいい」と言った。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">