エッチ体験談掲示板

皆さんが遭遇した・体験したエッチな経験、赤裸々な思い出を投稿して(読んで)みませんか?
完全に匿名での投稿ができる掲示板ですので、妄想ネタでも安心して書き込んで頂ければと思います。
素晴らしい内容の場合、殿堂入りとして記事にさせて頂くことが御座います。

ネタの質には自身があるということで、記事にしてほしいということでしたら、直接お便りをこちらからお送り頂ければ幸いです。

コメント

  1. 俊之 より:

    妻を様付けでお呼びしてます。

    跪き、奉仕できる事に幸せを感じるのです。

    時に失敗し、お叱りをうけ、お尻を打たれます。

    バラ鞭や、ラバーラケット、スリッパなどを使います。

    唾液は美味です。たまにいただくタンなど、ネットリしていてたまりません。

    租借、嘔吐物も美味しいです。

    特に嘔吐物は酸味が含まれ手いるのですから。聖水は飲まれているビールの香りがしてます。

    メインは二三日置きに頂け増す熟成された黄金です。

  2. 学校行くときの電車で♪ より:

    去年の夏の出来事です。私は17歳、髪はおしりちょい上くらいのロングで胸はE♪155、48なのでスタイルは自信あるし、グラビアのスカウトけっこうされたことあるくらいだから、まぁまあだと思う。顔は益若つばさ似な感じです☆
    そんな私ですが高校の通学に50分くらい電車をつかいます。前の日に先輩と電話をしていて、明日の放課後に体育館裏にきてほしいとのこと。気になってた人だったし、朝から気合いを入れてスカートを膝上20くらいにし、胸元をみえるようにして電車にのる♪
    先輩に会わないかなぁーなんて思いながら3両目の後ろがわ奥の扉の前で外を眺めていた。
    かなり混雑してきておじさんが背中から押してくる。窓にベッタリな感じになる。
    3分くらいして、おじさんがおしりを触ってきた。
    よくおしりをスリスリされることはあったのでスルー☆
    すると、パンツの上からクリをこりこりしてきた。思わずあんって言ってしまう☆
    周りは下の方が見えないくらいギュウギュウなので気づいていない。このままではヤバイと思い足を閉じようとするとおじさんのバックが足と足の間にある。足が閉じれない。ヤバイと思い声を出そうと思い、決意して言おうとした瞬間、めっちゃ濡れてるね♪今日はやけにスカートも短いし、誘ってるの?といってきた。
    恥ずかしくなり黙っていると、指入れてもいいよね?と言われ黙ってたらホントに入れてきた!
    めっちゃ濡れてたらしくすんなりと指を受け入れてしまう☆
    こんな場所でされるとは思ってもなかったし、初体験で、でも犯されてるみたいで気持ちよくなってしまっていた。
    抵抗しなかったね☆やっぱりしてほしかったんだ?そんなことを耳元で言われぞくぞくしながら指はクチュクチュとたまらなくなってしまっていた☆
    声も我慢してはいてもついつい、んっんっといってしまう。耳元でイっていいよ♪といわれ指が高速になった瞬間にイってしまった☆
    かわい☆といわれおじさんがバックになにかを入れ反対の扉がタイミングよく開きそこから去っていった☆
    どんなひとなのかさっぱりで正直後ろ姿もみていない。駅のホームのトイレに行き、バッグの中をみると、ローターと連絡先が書いてある。
    さっきのことを思い出してしまいついついオナッてしまう♪
    駅のトイレなので全然人も来るなか指でクチュクチュと止まらない☆
    1分もしないうちにイってしまう♪
    ローターが気になってしまい使ってみる。んっんっんっんんーーーー♪
    数秒でイってしまった☆
    駅から学校まで10分ほど、ローターを入れたまま歩く。
    急にヘンタイへの世界にはいってしまったようで怖い☆しばらくしておじさんがどんなひとなのか興味が沸いてくる。また会いたい。もうすぐ着くと言うところでUターン。学校に電話し、体調が悪いから休むと一言。ずる休み♪
    先輩にはラインで体調が悪いから次回にと一言♪
    さっそくさっきのおじさんに電話をすることに♪
    かなり長々になってしまうので、また今度続きを書かせて頂きますね☆

    1. 学校行くときの電車で♪ より:

      駅のトイレでオナるの超オススメだよ♪

  3. チェリーボーイ より:

    ホテルの一室。後ろ手にドアを閉める。

    リナをそっと抱き寄せる。予想に反してなすがまま。無言の時が流れる。

    初めて触れる女の体。服の上から柔らかさとぬくもりが伝わる。

    唇を重ねる。「だめ・・」

    リナが身を引く。もう一度強く抱き寄せ、大胆に唇を重ね舌を絡ませる。リナの舌が無意識に反応する。

    抵抗はない。

    「んっ・・・」

    リナの声が漏れる。

    (なぜ拒ばまないのだろう・・・)

    そう思いつつも、後輩の心は唇を許された喜びと、女という柔らかい異生物への好奇心に満たされていた。

    大好きな男にしか見せないもうひとつの顔。その全てを知ることは後輩にとって抗うことの出来ない誘惑だった。

    ひとかけらの勇気を得た後輩の唇がうなじから耳へと向かう。

    女の甘くせつない香りが胸いっぱいに広がる。リナの吐息が少しずつ、しかし確実に荒くなる。

    切ない声が混じる。再び長いキス。そのままゆっくりとベッドに倒れこむ。

    白いブラウスの胸に伸びた男の手が、先端の敏感な部分を探り当てる。

    「んんっ」

    (リナさんが・・・感じている・・)

    震える指で胸のボタンを外す。真っ白なブラが現れる。

    「いい?」

    後輩が小さく囁く。目を閉じ無言のまま横を向いているリナ。

    肩紐を肘まで下ろす。双丘の頂点には薄紅色の小さな苺の実が震えている。

    そっと口に含み舌先で転がす。舌の上で苺が疼き尖る。

    「んっ・・・んんっ・・ぁっ」

    リナの声が拒みきれずに小さく漏れる。

    もう一方の乳房を揉みたてていた後輩の手は、脇から腰のくびれを何度かさまよった後、薄手の黒いパンストに包まれた下肢へと移動する。初めて触れる感触。

    微細な繊維の一本一本がしなやかに絡み合い、しっとりと汗ばんだ第二の皮膚を形成している。

    後輩の手が腿の内側へ移動したとき、それまでわずかに開いていた両脚が閉じられた。

    「やっぱりいけないわ・・・」

    言葉を遮るように後輩の唇がリナの唇を覆い激しく舌を吸う。

    二人の舌がヌルヌルとした生き物のように絡み合う。黒い膝が力なく開いた。

    指は感触を確かめるようにゆっくりと内股をつたいフレアスカートの中へ侵入していった。

    「リナさん暖かい・・・・」

    掌の下にはふっくらとした恥丘があった。パンストの合わせ目に添えられた指先からは僅かな湿り気と暖かなリナの体温が伝わる。

    「だめ。やめて。」

    「どうして?」

    「・・・・トイレ行きたい」

    「却下。」

    後輩が掌を押しつけて恥丘の上部を圧迫する。ほんのいたずら心だった。

    「ああっ・・・だめ・・・・本当に・・ああっ・・ああっ・・ああぁぁぁっ」

    リナの股間にじわじわと熱いものが染み出す。パンストが湯気を放つ。

    「リナさーん(笑)」

    「ばかぁっ」

    リナは小走りに浴室へと消えた。シャワーの音が聞こえる・・・・・・ 後輩は考えた。

    春男先輩は今回のことをどう思っているのだろう?自分にだって罪悪感のかけらくらいはある。

    しかし、網膜に焼きついたリナの胸の白い双丘、パンストを通して感じる恥丘の柔らかさ、耳に残る押し殺した喘ぎ声、そして自分にとっての甘く切ない未知の世界・・・・

    これらを全て独占していた春男先輩・・・・

    焼きつくような嫉妬が後輩の心にどす黒く渦を巻いていた。

    「ねぇ、私、これでも彼氏いるからさ、やっぱりこれで我慢してよ。」

    バスロープに身を包み浴室から戻ったリナは、傍らに座り後輩のズボンのファスナーを開け、はちきれそうな一物を取り出ししごき始める。

    「ああっ、リナさんっ、皮が、だめだよ、いくっ、いくっ、いくぅぅ・・・」

    後輩の樹液があっさりと放出された。

    「どぉ?女の子ってこんな感じよ。」

    いまだに波打つ後輩の一物と自分の手をティッシュで拭き取りながらリナがいたずらっぽく笑う。

    「ねえ。もいっかいお願いします(笑)」

    「えっ?今終わったばかりよ?」

    「もう回復した。お願いします。」

    「しょうがないなぁー」

    ぐったりと並んで横になる2人。

    「あっというまに2回も逝かされちゃったよ。上手いなぁ・・」

    「彼氏にいつもしてるからね。」

    「ねぇ、女の人ってさ、相手に手コキとかしてるだけでも濡れるの?」

    「うーん、そういうこともある。」

    「今はどぉ?」

    「えーっ、わかんない」

    「確かめてもいい?」

    「やだっ」

    「っていうかさぁ、居酒屋でも言ったけど、まだ女性の実物見たことも触ったこともないんだよね。」

    「だーめ。彼氏いるんだもん。私にできるのはこのへんまでだよ。」

    「だってさっきは俺の手の中でオシッコチビったじゃない。いいでしょ?」

    「・・・・・」

    リナは真っ赤になって顔を背けた。後輩の手がリナの頬を掴む。唇が重なり二つの舌が絡み合う。

    バスローブの帯が解かれ胸の白い双丘があらわになる。苺の実は心なしか先ほどより赤い。舌が苺を優しく転がす。苺が尖る。

    「んんっ、ああっ・・・」

    「濡れた?」

    「知らない・・」

    「確かめてもいい?」

    「・・・だめ・・・」

    「いい?」

    「・・・・・・・・」

    後輩の手が下腹部へ伸びる。中指が恥毛の丘をかき分け、ゆっくりと亀裂に滑り込む。小さな突起が指先に触れた。

    「ああっ、そこ・・・・だめっ・・・」

    リナの反応を確かめるように指が二度、三度と突起を嬲る。

    リナの全身が波打つ。やがて指はさらに溝を下り秘泉に達した。

    そこは既にヌラヌラとした暖かい恥蜜で溢れかえっていた。

    「うわっ、こんなに・・・」

    「ばか・・」

    いきなり指が泉を乱暴に掻き回す。

    「あぁぁ・・・やめてっ・・・だめだってば・・」

    乾きを癒すオアシスを得た指が再び突起を求め、リズミカルに擦り上げる。

    「んんっ・・・あぁ・・あっ、あっ、あっ、あっ・・・」

    透き通るような白い肌にうっすらと赤みが差す。しっとりと汗が浮かぶ。フッと指がリナから離れる。

    「えっ?」

    戸惑うリナ。後輩の頭がスルリとリナの下腹部へ移動する。

    「あっ、だめっ、恥ずかしい」

    リナの静止も空しく、後輩の舌は既に突起を探し当てていた。

    転がす、突く、吸う。

    「いゃぁっ、やめてぇぇ、はうん・・うっ・・・あぁん・・」

    左右に激しく首を振るリナ。泣いている。雌の香りが充満する。

    「いやっ、いやっ・はるお・さ・・ごめ・・・もう・・だめ・・」

    リナの自制心は陥落寸前であった。後輩の舌が突起と泉を思い切り力強くべろりとすくい上げる。

    「ああっああっあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・」

    リナの裸身は弓なりに反り返り、ブルル、ブルル、ブルルと三度痙攣した後、ドサリとベッドに埋もれた。

    上気した肌に透明な汗の玉がキラキラと光る。激しく上下している胸の谷間に集まりひとすじの川を作る。

    少女の面影を残すうっすらとした茂みに覆われた恥丘。クレバスを隠すように心持ち閉じられた端整な2本の脚・・・

    先輩にしか見せなかった本当の姿・・・

    訪れたつかの間の静寂の中で、後輩はリナの裸身にしばし見とれていた。

    「がるるるるるるるるるっ」

    突如リナの反撃が始まったw後輩を押し倒す。

    ずるりと皮を剥いて一気に含む。チロチロと冠溝に舌を這わせる。舌先で掃くようにつつく。

    べろりと舐め上げ再び含む。絡みつくざらざらとした舌が蠕動を繰り返す。

    「あっ、うわっ、うわぁぁぁぁっ」

    生まれて初めて味わう強烈な感覚に後輩が叫ぶ。

    お構いなしにつづけるリナ。尻を向け後輩にまたがり手コキをはじめる。

    目の前にあるリナの菊門が断続的に収縮を繰り返していた。

    透明な粘液が滲んでいる泉のほとりは、ぽってりと膨らみ、その下には充血しきった突起が張り出している。

    (リナさんも・・勃起している)

    後輩は思わずリナの花園に顔をうずめ、突起を舐め上げた。

    「あっ・・おねがい・・おとなしくしていて・・・・」

    無視して続ける後輩。

    「あぁぁん、だめだってばぁ、あ、あ、あぁぁぁぁぁ・・・」

    二枚の果肉がヒクヒクと痙攣する。溢れた粘液が太腿をつたい落ちる。

    「もぉ、駄目って言ったじゃない、お返しよっ」

    リナが手コキの速度を上げる。速い。見えないほど速い。

    「うわぁぁぁぁ・・・あああぁぁぁ・・・いくぅぅっ!!」

    後輩の白い粘液が間欠泉のように何度も何度も噴き上がる。

    「・・おれ・・・もうだめです・・・」

    「ふふふ。だいじょうぶよ。まだ若いから♪」

    一物をがぼりと喉の奥まで深く呑み込むリナ。隙間からジュルジュルと音がする。強烈な吸引力。

    「こ、これは・・・あああああぁぁぁぁぁぁぁ・・・」

    前立腺に待機していた精の残渣が1滴残らず吸い上げられるのを感じて後輩は激しく痙攣し果てた。

    まったりと横たわる二人。

    「ねえ、リナさん・・・・」

    「なあに?」

    「俺、リナさんで男になりたい・・・・」

    「だめだってば。彼氏いるもん。」

    「お願いします。」

    「うーん・・・・・」

    東の空は白々と朝の到来を告げていた。

    ― 終 ―

  4. 妹とエロいスキンシップで性器をいじる兄者 より:

    「えっちねた板」はたまに覗くんだけど、モロに告白するのは今日が初めてです。

    赤裸々に書きます(w

    妹と2人で犬の散歩逝く事になり、犬のくさりを外そうとしてたら、なかなか取れなくて妹がしゃがみこんだ。

    スカートだったからピンクのパンツのぷっくり盛り上がったアソコの部分が丸見え。

    さら~に!

    Tシャツのワキの部分からワキ&胸チラ・・・。

    じっくり観察するために教えませんでした。そして散歩中、神社で一休み。

    お返しにと思い、俺はわざと半パンの横から金玉と竿をベロローンと出してしゃがんで妹としばらく話してました(w。

    「バカ兄!グロいの出てるよ!w」とか、

    妹はいつもの調子でツッこんでくるかなと思いきや、なんだかその日に限ってキョロキョロキョドッてるんです。

    俺は「ヤベ、はずした」と思い、「玉出てるのつっこめよオイ!」と自分でつっこみ…(なさけない)

    妹が笑ってくれるのを期待したら、「あ、うん・・・ごめん・・ふふふ」と顔真っ赤にしてモジモジしてた。

    もちろん帰りは気まずい雰囲気で帰宅しました。

    メシ食って風呂入って、なんとな~く気まずい雰囲気を打破すべく妹の部屋に貸したCD返してもらいに部屋にはいると、

    妹がベッドの中でモゾモゾ動いてるんです・・・。

    妹は「ギャー!」とか「勝手に入るな!」とかは叫ばず、相当焦っていたらしく「こないでぇ~・・・」と一言。

    状況をよく把握出来てない俺はそんな妹の言葉を無視して、「おい!おめぇ、はよCD返せや!」と、布団を一気にはぐってしまったのです・・。

    下半身スッポンポンでした。

    ずばりオナニー中でした。

    俺は「あ、失礼~」とニヤニヤしながら自分の部屋へBダッシュ。

    しばらくすると案の定、妹がドタドタと部屋に入ってきました。

    絶対攻撃されるち思い、俺も防御態勢に。

    しかし妹は顔を真っ赤っかにして「勝手にはいらないでよー!」と一言。

    意外な拍子抜けに、俺はここぞとばかりにイジワル攻撃。

    俺「ネタ何?ネタ何?(笑)」

    妹「スケベ!スケベ!」(←スケベはおまえだろw)

    そしてプロレス状態。

    堅めに入った俺は思いきって妹のパジャマの中に手を突っ込んだのであります!!!

    妹「ギャアアアアァァァ!・・・」

    必死に抵抗する妹の手もむなしく、俺の手は妹の陰部へ。

    ヌ ル ヌ ル で し た 。 

    妹「やめてって!やめてって!」

    さすがの妹もマジギレ&猛攻撃。(かなり怒ってたw)

    これを機に、妹とスキンシップを取るときはお互い

    「性器攻撃&防御ごっこ」をするようになりました。

    完全に抵抗しないあたり、妹も年頃なんだな~、俺に似てエロなんだなぁ~、と感心する今日この頃です。

    多分長くは続かないと思うけど・・・。

    おわり。

    ↑ み た い な 経 験 者 、 い ま せ ん か ?

    こ ん な お 話 キ ボ ン ヌ 。

  5. 乳首ピラミッド より:

    高二の時の修学旅行で男女とも風呂上がって自由時間になって、女子の部屋に行って喋ってたりしてたんだけど。。

    ある部屋にいったら女子が六人でピラミッド作ってたんです。

    3・2・1の。

    その時に胸元が開いて胸チラが見えちゃったんです。

    風呂上りだからか二人しかブラしてなくて、そん時おれが好きだった中野さん(色白でちっちゃくておっぱい大きい)の胸もばっちり!

    白いおっぱいとピンクの乳首まで見える距離でした。

    そのピラミッドを他の女子が写真撮ってる間の一分間・・・

    おれはピラミッドを超凝視して堪能しました。

    その時は気づかれてなかったと思うんだけど、現像したら気づいたんだろうなぁ・・・。

    何であの時おれも写真とらなかったんだろう・・・。

    おまえらバカなんじゃん!?

    とか言って笑ってて、でも目は乳首を追ってました。

    駄文スマソ。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">